文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)
環太平洋の「消滅に瀕した言語」に関する緊急調査研究
A04 日本班

最終更新日 2002.5.20

消滅に瀕した日本語方言に関する総合的研究

 研究組織(他、研究分担者として、日本班計画研究・公募研究代表者9名)

 氏  名     所  属  機  関  E-mail
研究代表者 真田 信治 大阪大学大学院文学研究科   
研究協力者 伊豆山敦子 獨協大学非常勤講師   
研究協力者 新垣 友子 沖縄大学非常勤講師   
研究協力者 高木 千恵 大阪大学大学院生   
研究協力者 松丸 真大 大阪大学大学院生   


                         2002年度

 研究の目的
 日本語の伝統方言は衰滅の一途を辿っている。社会秩序の変革、技術の進歩と産業構造の変容、人口の流動、マスメデイアの発達や教育の高水準化、そして国際化、さらには標準語へと傾斜する人々の気持ちが合流して、各地の伝統的方言は消滅の危機に瀕している。このような状況に鑑みて、各地の伝統的方言に関する調査・記述は、現時点における緊急の課題である。
 本研究では全国の研究者を動員し、日本語特定領域方言を記録・記述する。そして、データと分析結果を公開できる形式に編集する。なお本研究は、「日本」班の各計画研究・公募研究を統括する調整班としてのものである。


 研究実施計画
 @総括班会議等に統括者・庶務担当者が出席する。
 A国内および海外の重要地点において補完的実地調査を行う。なお研究協力者の参加を得、研究を完結させる。
 B収集されたデータを総合的にまとめる。

 なお、研究協力者は次の通り。
   松丸真大(大阪大学)
   高木千恵(大阪大学)
   伊豆山敦子(獨協大学)
   新垣友子(沖縄大学)



                         2001年度

 研究の目的
 日本語の伝統方言は衰滅の一途を辿っている。社会秩序の変革、技術の進歩と産業構造の変容、人口の流動、マスメデイアの発達や教育の高水準化、そして国際化、さらには標準語へと傾斜する人々の気持ちが合流して、各地の伝統的方言は消滅の危機に瀕している。
 このような状況に鑑みて、各地の伝統的方言に関する調査・記述は、現時点における緊急の課題である。本研究では全国の研究者を動員し、日本語特定領域方言を記録・記述する。そして、データと分析結果を公開できる形式に編集する。
 なお本研究は、「日本」班の各計画研究・公募研究を統括する調整班としてのものである。


 研究実施計画
 @重要地点における補完的実地調査の要員として、研究協力者の参加を得、研究を深化させる。
 A収集されたデータを総合的にまとめる。
 研究協力者は次の通り。
  1.東北・九州方言域担当:高木千恵・松丸真大
  2.琉球方言域担当:    伊豆山敦子・新垣友子(下記概要参照)

 琉球方言域研究の概要(伊豆山敦子・新垣友子担当)

  研究課題名: 琉球諸方言の文法体系に関する研究

  研究の目的
 琉球諸方言の全体像は、どの地域でも、殆ど知られないままに、最早、調査研究も難しいほど危機に瀕している。このような宝が、どうして見捨てられたままでいいのだろうか。これらの方言の文法体系は、一般言語学にとっても、日本語の研究(共時的・通時的)にとっても、興味深い事実が豊富である。それだのに全くと言っていいほど研究されていない。最早方言を選んで緊急調査するという段階ではなく、確実な話者がいて、調査に協力してもらえれば、どこの方言であろうが調査しておかなければならないという段階なのである。それさえ何時までできるかわからない。序ながら、そういう方言話者の方やそういう話者を知っている方は、この班まで一報していただきたい。
 文法体系を抜きにして、その方言の全体像を把握することはできない。まして、方言間の比較もできない。保存資料としての音声や語彙集やテキストがあっても、それらから言語体系を知ることはできない。文法体系の調査は、確実に保持している話者によらなければ難しい。これこそ緊急なのである。全体像が掴めれば、方言話者達に、その方言が如何に貴重なものかを知らせることができる。その方言の、共通語と異なる論理性や、美しい体系性などを誇りにしてもらえる。そして、それらを失うことが何を意味するか若い世代に解ってもらえる可能性がある。もう遅いかもしれないけれど努力だけはしたい。

  実施計画
 伊豆山は八重山諸方言の文法の調査研究・記述を行なう。長年続けてきた石垣宮良方言を主に、複数方言で行ないたい。また、宮古方言も含めたいが、それらは話者次第である。ここが、危機的な言語調査の難しいところである。動詞体系は、殊に複雑なので、先ず取り上げる。共通語話者がその方言を学びとれるような文法にしたい。
 新垣は首里方言を中心に沖縄本島中南部の文法の調査研究・記述を行う。どのような文脈でどのような表現ができるかを明確にし、状況設定と各表現がどのような関係にあるかを視野に入れて、確実に使える文法の記述を試みたい。方言話者が見つかればできる限り多くの地域を調査の対象としていきたい。

 日本班トップページへ
 日本班成果報告書のページへ