文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)
環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究
A04 日本班


最終更新日 2002.5.20

消滅に瀕した高知県限界集落方言の緊急調査研究

 研究組織

 氏 名  所  属  機  関  E-mail 
研究代表者 橋尾 直和 高知女子大学文化学部   
研究分担者 五百蔵高浩 高知女子大学文化学部   
研究分担者 坂本 正夫 高知県立歴史民俗資料館   
研究分担者 梅野 光興 高知県立歴史民俗資料館   
研究協力者 Yasuko Nagano-Madsen イェーテボリ大学   
研究協力者 友定 賢治 広島県立保健福祉大学   


                           2002年度

 研究の目的
 本研究では、高知県方言を環太平洋の危機に瀕する言語と見なし、過疎化の最も進んでいる「限界集落」の方言音声・文法・語彙の調査および習俗・民話・民具方言呼称・使用方法などをフィールドワークによって、デジタル録音・映像記録を行い、データベース化してCD−ROMに保存することを目的とする。
 上記の調査研究をふまえて、過疎化に伴うインフォーマントの現象の課題に、言語学・民俗学の分野からアプローチする。


 研究実施計画
 (1)当該年度の臨池調査のための打ち合わせ会を実施(4月)、同時期に調査票の作成。
 (2)高知県限界集落の臨池調査(4月から6月)
    4月 物部村市宇、岡ノ内
    5月 檮原町
    6月 檮原町など
    7月 補足調査 
   (調査内容)          (主担当者)
     方言音声・文法・語彙    橋尾直和・Yasuko Nagano-Madsen・友定賢治
     習俗・民話・民具       坂本正夫・梅野光興・五百蔵高浩 
 (3)調査結果を基に検討会を行う。



                           2001年度

 研究の目的
 本研究では、高知県内の限界集落の方言音声・文法・語彙の調査および習俗・民話・ 民具名称・使用方法などをフィールドワークによってデジタル録音・映像記録を行い、 データベース化してCD−ROMに保存することを目的とする。
 高知県方言を環太平洋の危機に瀕する言語と見なし、過疎化が最も進行している「限界集落」の方言を、言語学・民俗学からのアプローチによって広く言語文化としての言語・習俗の記録・保存を試みた組織的研究である。
 調査地点は、高知県山間部の池川町椿山・本川村寺川など、海岸部の東洋町白浜、大月町安満地など、四万十川流域などが挙げられる。
 限界集落とは、65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、冠婚葬祭をはじめ田役、道役などの社会的共同生活の維持が困難な状態に置かれている集落をいう。


 研究実施計画 
 (1)本研究立ち上げのための検討会ならびに当該年度のフィールドワークのための打ち合わせ会を実施(6月)、その他同時期に調査票の作成、分担者相互の連絡ならびにメーリングリストによる活発な意見交換のためのノートパソコンを研究機関に配布など。
 (2)高知県限界集落のフィールドワーク(8月から10月)
     調査地域:高知県山間部の限界集落(池川町椿山・本川村寺川・四万十川流域など)
     調査内容:方言音声・文法・語彙 主担当者:橋尾・五百蔵
                           協力者:Yasuko Nagano-Madsen
            習俗・民話・民具    主担当者:坂本・梅野
 なお、フィールドワークには、主担当者を中心に、研究担当者の一部ならびに研究担当者に協力を仰ぎ、また収集データの整理ならびにデータベース化については五百蔵が担当する。
 (3)調査結果をもとに検討会を行う。


 成果報告

 日本班トップページへ
 日本班成果報告書のページへ