文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)
環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究
A04 日本班

最終更新日 2002.5.20.

消滅する方言音韻の緊急調査研究

 研究組織

 氏 名  所 属 機 関   E-mail 
研究代表者 佐藤 亮一 東京女子大学   
研究分担者 屋名池 誠 東京女子大学   
研究分担者 木部 暢子 鹿児島大学法文学部   
研究協力者 大橋 純一
研究協力者 馬瀬 良雄


                  2002年度

 研究の目的

 日本語諸方言において方言音声は衰退の傾向が著しい。全国各地で共通語化が急速に進行しており、方言音声の消滅は時間の問題である。伝統的な方言の音声のなかには、古代中央日本語の音声を残しているものも少なくない。日本語の歴史にも関わる方言音声の収集は今が最後の機会と考えられる。この研究では伝統的な日本語本土諸方言の音声を録音し、それらを整理編集して後世に残し、日本語研究、日本文化の研究に資することを目的とする。
 具体的には、消滅寸前の方言音声が残存していると思われる全国十数地点を選定し、伝統的な方言音声を保持している話者を探し出し、その音声を収録する。収録内容は「音声調査票に基づく単語の発音」「方言集に記載されている方言語彙とその用例の音声化」「方言文学作品(方言詩を含む)の音声化」「方言会話の録音」などを予定している。


 研究実施計画
 2001年度および、2002年度に青森県弘前市、山形県三川町、山形県朝日村、宮城県石巻市、岩手県大船渡市、新潟県湯沢町、新潟県佐渡島、長野県秋山郷、山梨県奈良田、愛知県蒲郡市、島根県隠岐島、香川県伊吹島、鳥取市、山口市、福岡市、鹿児島県甑島で調査を実施した。具体的には、それぞれの地点で、数名の話者候補者の中から伝統的な方言音声を保持している最適の話者を選定し、DAT録音器を用いてその音声を収録した。録音内容は、四つ仮名、開合、両唇摩擦音、合拗音、ズーズー弁、ガ行・ザ行・バ行・ダ行の鼻音化、連母音の融合、カ行・タ行の有声化、セ・ゼの口蓋化など、衰退しつつある音声を中心とし、それらの音声を含む方言語彙、および方言語彙の用例を録音した。
 本年度には、上記の地点の中から数地点を選定し、補充調査を実施する。また、あらたに、秋田県大館市、鹿児島県種子島、鹿児島県屋久島など数地点を選定し、調査を実施する。
 また、これまでに収録した録音を聴取して音声記号化し、コンピュータに入力する。さらに、これまでに調査を実施した地点の中から、分析が終了したものについて、報告書を執筆し、刊行する。



                  2001年度

 成果報告
 @東京および京都で行われた全体会議ならびに国際会議に参加し、研究者間で意見を交換した。
 A研究代表者の佐藤、研究分担者の屋名池と木部、研究協力者の大橋が、青森県弘前市、岩手県三陸町、山形県朝日村、新潟県湯沢町、新潟県佐渡島、長野県秋山郷、神戸市、大阪市、香川県伊吹島、島根県隠岐島で調査を行った。調査の結果はすべてDATのテープに録音し、将来のCDなどによる公開に備えた。調査対象者は、伝統的方言を保持している高年層話者を中心とした。また、調査項目は、四つ仮名、開合、合拗音、両唇摩擦音、ズーズー弁、ガ行・ザ行・ダ行の鼻音化、連母音の融合、カ行・タ行の有声化など、衰退しつつ音声を中心とし、それらの音声を含む方言語彙、および方言語彙の用例を録音した。
 B調査時に録音した録音内容を聴取し、音声記号を用いて記録し、それらをパーソナルコンピュータに入力した。
 C東京女子大学で研究打ち合わせを行い、次年度に刊行予定の報告書の内容について検討した。



                            2000年度

 研究の目的
 日本語諸方言において方言音声は衰退の傾向が著しい。全国各地で共通語化が急速に進行しており、方言音声の消滅は時間の問題である。伝統的な方言の音声のなかには、古代中央日本語の音声を残しているものも少なくない。日本語の歴史にも関わる方言音声の収集は今が最後の機会と考えられる。この研究では伝統的な日本語本土諸方言の音声を録音し、それらを整理編集して後世に残し、日本語研究、日本文化の研究に資することを目的とする。
 具体的には、消滅寸前の方言音声が残存していると思われる全国数十地点を選定し、伝統的な方言音声を保存している話者を探しだし、その音声を収録する。収録内容は「音声調査票に基づく単語の発音」「方言集に記載されている方言語彙とその用例の音声化」「方言文学作品(方言詩を含む)の音声化」「方言会話の録音」などを予定している。


 研究実施計画
 (1)調査内容の検討
 研究代表者、研究分担者、研究協力者が研究会を行い、先行研究を参照しつつ、2年間に調査収録すべき内容を検討し、調査地点を選定する。具体的な調査項目を検討し、準備調査票を作成する。
 (2)準備調査の実施
 全国数地点で準備調査研究を実施する。数名の話者候補者の中から方言音声を保存している最適の話者を選定し、DAT録音機を用いてその音声を収集する。なお、調査地点は青森県五所川原市、岩手県大船渡市、山形県三川町、福島県小高町(以上の地点は佐藤が中心となって調査計画を立てる)、新潟県佐渡島、新潟県中越地方、長野県秋山郷、山梨県奈良田(以上の地点は屋名池が中心となって計画を立てる)、島根県出雲地方、島根県隠岐島、徳島県吉野川流域、高知県中村市、長崎県島原、鹿児島県甑島(以上の地点は木部が中心となって計画を立てる)などの中から、伝統的な方言音声が残存している数地点を選定する予定である、
 (3)調査結果の整理
 調査結果を整理し、調査方法について再検討した上で、本調査用の調査票を作成する。


 成果報告
 (1)研究代表者・研究分担者・研究協力者が検討会を行い、準備調査地点を選定し、調査項目を検討した。
 (2)以下の地点で準備調査を行った。
     青森県弘前市、山形県三川町、山形県朝日村、岩手県大船渡市、宮城県石巻市
     新潟県湯沢町、長野県秋山郷、山梨県奈良田、愛知県蒲郡市、鳥取県鳥取市、島根県松江市
     福岡県福岡市、鹿児島県甑島
 調査の結果はすべてDATのテープに録音し、将来のCD等による公開に備えた。調査対象者は、伝統的方言音声を保持していると推定される高年層話者を中心とした。また、調査項目は、四つ仮名、開合、合拗音、両唇摩擦音、ズーズー弁、ガ行・ザ行・バ行・ダ行の鼻音化、連母音の融合、カ行・タ行の有声化など、衰退しつつある音声を中心とし、それらの音声を含む方言語彙および方言語彙の用例を録音した。
 (3)調査時に録音した録音内容を聴取し、音声記号を用いて記録し、それらをパーソナルコンピュータに入力した。また、一部の録音について、公開のための編集作業を実施し、編集上の問題点について検討した。
 (4)鹿児島県甑島の調査結果を記述し、報告書の原稿を作成した。

 日本班トップページへ
 日本班成果報告書のページへ