文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)
環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究
A04 日本班

最終更新日 2002.5.20


琉球語与論方言の音声の緊急調査研究

 研究組織
 

 氏 名   所 属 機 関   E-mail 
研究代表者 高橋 俊三 沖縄国際大学文学部   
研究協力者 仲間 恵子 沖縄言語研究センター
研究協力者 菊 千代


                  2002年度

 研究の目的
 従来は、方言の音声をできるだけ正確に国際音声記号で記録して、文字情報として残すことが求められていたが、いまや、音声そのものをデータ資料として保存することが不可欠である。『沖縄今帰仁方言辞典』(仲宗根政善著)のように、すでに全項目と用例を録音した辞典があるが、日本、あるいは国外に目をむけても、危機に瀕する言語(方言)に対するこのような試みはまだ少ないし、与論方言に関する限り本研究計画が初めてである。本研究計画の代表者高橋俊三は、現在与論町麦屋東区出身の菊千代氏(1927年生まれ)とともに、『与論方言辞典(仮称)』の公刊にむけて草稿を検討中である。本研究は、その1万6千語余りの全項目とその用例をデジタル録音し、データ資料として保存するのを主たる目的とする。将来は、音声を聞きながら辞典を読むことができるようにして、公開したいと考えている。また、与論方言の音声的特徴が把握できるような、音節一覧とその語例、アクセント型の一覧とその語例なども録音する計画である。


 研究実施計画
 @録音の台本にする『与論方言辞典(仮称)』の見出しと用例の検討をし、それをプリントアウトする。それを菊千代氏に読んでもらって、録音する。
 A昨年度に購入したデジタル式録音機を使って、与論方言を録音する。また、同じく昨年度に購入したデスクトップパソコンを使って、録音した音声の編集(言い直しや雑音を除く等)をする。なお、本年度には現地(与論)に携帯できるノートパソコンを新たに購入し、文字テキスト(台本)と実際の音声とで違いが生じたり、データの追加の必要性が出てきたりしたら、現地でもデータの修正や追加ができるようにする。そうする方が、戻ってするより、はるかに精確で、効率の良い作業ができるし、再調査をする経費や時間を節約できるからである。
 Bこれまでの経験から、質の良い音声を録音できる時間は、話者の年齢(75歳)やその疲労などを考慮すると、1日2時間程度である。1回に録音できる項目は、雨や自動車などの騒音状況や例文の長さ等にもよるが、だいたい200項目である。声の質を落とさないために何日も連続して録音することを避け、しかも、効率よく台本の検討や録音作業をするために、移動時間や打合せなどをふくめて3泊4日の日程とする。調査には、研究協力者として仲間恵子(沖縄言語研究センター研究員・沖縄大学非常勤講師)、および大学院の学生を同行させる。
 C13年度までに約四分の三の12000語(ホの部まで)を録音した。本年度ではすべて録音しおわり、今後のデータベース化の方法を検討し、テストなども行う。



                  2001年度

 研究の目的
 従来は、方言の音声をできるだけ正確に国際音声記号で記録して、文字情報として残すことが求められていたが、いまや、音声そのものをデータ資料として保存することが不可欠である。『沖縄今帰仁方言辞典』(仲宗根政善著)のように、すでに全項目と用例を録音した辞典があるが、日本、あるいは国外に目をむけても、危機に瀕する言語(方言)に対するこのような試みはまだ少ないし、与論方言に関する限り本研究計画が初めてである。
 本研究計画の代表者高橋俊三は、現在与論町麦屋東区出身の菊千代氏(1927年生まれ)とともに、『与論方言辞典(仮称)』の公刊にむけて草稿を検討中である。本研究は、その1万6千語余りの全項目とその用例をデジタル録音し、データ資料として保存するのを主たる目的とする。将来は、音声を聞きながら辞典を読むことができるようにして、公開したいと考えている。また、与論方言の音声的特徴が把握できるような、音節一覧とその語例、アクセント型の一覧とその語例なども録音する計画である。


 研究実施計画
 @録音の台本にする『与論方言辞典(仮称)』の見出しと用例の検討をし、それをプリントアウトする。それを菊千代氏に読んでもらって、録音する。
 Aデジタル式録音機を使って、与論方言を録音する。また、同じくパソコンを使って、録音した音声の編集(言い直しや雑音を除く等)をする。なお、本年度には現地(与論)にノートパソコンを持参し、文字テキスト(台本)と実際の音声とで違いが生じたり、データの追加の必要性が出てきたりしたら、現地でもデータの修正や追加ができるようにする。そうする方が、戻ってするより、はるかに精確で、効率の良い作業ができるし、再調査をする経費や時間を節約できるからである。
 B13年度中に全体の約三分の一の6000語の項目を録音する。なお、昨年度に特定領域研究「環太平洋の言語」の公募研究で研究費を受けて、既に全体の三分の一弱の項目の録音がすんでいる。


 成果報告
 研究代表者の高橋俊三と研究協力者の菊千代とによる『琉球語与論方言辞典』(草稿)に記載されている全ての単語(約16000語)および例文をデジタル録音して、永く保存できるようにするのが目標である。ゆくゆくは、コンピュータの音声データベースにして、だれでもすぐ希望の単語と例文が聞けるようにする予定である。
 今年度も昨年度同様に、まず『琉球語与論方言辞典』の記載語彙の補充をし、アクセントの記載をし、説明を精確にし、例文を自然な文にし、より十全な台本を作るべく、高橋が与論に出かけていって調査した。この調査の結果を大学でコンピュータに入力し、方言録音の台本として3部プリントアウトした。これを見ながら菊氏が自然な会話に近い状態で読み、その音声をデジタル録音した。研究協力者の仲間恵子が、録音機器を与論に持って行き、菊氏宅で録音をした。仲間は台本の1部を見ながら録音中の音声を聞き、騒音が入ったり、菊氏が飛ばし読みをしたりした場合に、その部分をもう一度読み直すように依頼した。そして、それらのことをもう1部の台本に記録して、今後のテープの編集に備えた。以上の作業が五十音順のホの部まで終了した。



                            2000年度

 研究の目的
 本研究計画の代表者高橋俊三は、現在与論町麦屋東区出身の菊千代氏(1927年生まれ)の著書『与論方言辞典(仮称)』の見出し語(原則として見出し語すべてに用例がついている)に対する言語学的な検討をおこない、辞典の公刊にむけてここ数年菊千代氏を手助けしてきた。本研究計画では、その1万6千語余りの全項目の録音をおこないたいと考えている。従来は、方言の音声をできるだけ正確に表記することが求められていたが、いまや音声そのものの記録が不可欠である。将来は音声を聞きながら辞典を読むことができるようにするための、音声資料を得ることを目的とする。上にのべたような与論方言の音声的特徴が把握できるような、音節一覧とその語例、アクセント型の一覧とその語例なども録音する計画である。また、周辺方言との音声の比較調査を行なうことも検討している。方言の継承が危機的な状況にあり、正確な方言の発音を国際音声記号で記録して、文字情報として辞典を公刊するだけでなく、音声そのものを保存し、辞典とともに公開していくことを目的に研究を進める。


 研究実施計画
 これまでの経験から、1日に録音できる時間は、話者の年齢(74歳)などを考慮すると、2時間程度である(練習や言い直し、休憩の時間を含む)。1回に録音できる項目は、例文のながさ等にもよるが、おおむね150ないし200項目である。数日連続して録音することを避け、効率よく、良い状態での音声を録音するために、移動時間や打合せなどをふくめて3泊4日の日程とする。調査には、録音機の操作を専らおこなう調査補助として大学院(あるいは学部)の学生を同行させる。また、近接する伊是名島の方言辞典を作成中で、類似の仕事をしている名嘉順一(前琉球大学教授)からアドバイスをうけたり、研究協力者として参加していただく予定である。できるだけ多くの例文も録音する計画だが、話者の年齢や疲労などを考慮する。12年度中に6回程度の調査を行い、約4500語の項目を録音する計画である。


 成果報告
 研究代表者の高橋俊三と研究協力者の菊千代とによる『琉球語与論方言辞典』(草稿)に記載されている全ての単語および例文をデジタル録音をして、永く保存できるようにするのが目標である。
 今年度は、まず『琉球語与論方言辞典』の記載語彙の補充をし、アクセントの記載をし、説明を精確にし、例文を自然な文にし、より十全な台本を作るべく、高橋、および趙志剛が与論に出かけていって調査した。この調査の結果を大学でコンピュータに入力し、方言録音の台本として3部プリントアウトした。これを見ながら菊氏が自然な会話に近い状態で読み、その音声をデジタル録音した。なお、当初の計画では菊氏に沖縄に来てもらい、録音施設の整った所で録音する計画であったが、菊氏の健康状態からして、それが無理だということで、研究協力者の仲間恵子が、録音機器を与論に持って行き、菊氏宅で録音をした。仲間は台本の1部を見ながら録音中の音声を聞き、騒音が入ったり、菊氏が飛ばし読みをした場合に、その部分をもう一度読み直すように依頼をした。そしてそれらのことをもう1部の台本に記録して、今後のテープの編集に備えた。


 日本班トップページへ
 日本班成果報告書のページへ