はじめに

 

大阪大学文学研究科 加藤洋介 研究室です。

 

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

授業受講生は、授業用の資料をダウンロードできます。

受講生は上部メニュー「ログイン」ページより、ID・パスワード・メールアドレスを設定して下さい。

担当者が承認後、ログイン出来るようになります。

授業時間までに自分の授業の資料をダウンロードして下さい。

エントリー

2014年03月の記事は以下のとおりです。

はじめに

学部生、院生専用ページです。

受講生はID・パスワード・メールアドレスを設定して下さい。

担当者が承認後、ログイン出来るようになります。

授業時間までに自分の授業の資料をダウンロードして下さい。

『源氏物語大成』の三条西家本

  • 2014/03/29 15:05
  • カテゴリー:2007年

ykato2007_10.pdf

「『源氏物語大成』の三条西家本」『詞林』第42号

定家本伊勢物語の展開-その変わらざる表記をめぐって-

  • 2014/03/29 15:03
  • カテゴリー:2007年

ykato2007_06.pdf

「定家本伊勢物語の展開-その変わらざる表記をめぐって-」『語文』第88輯

学術論文一覧

  1. 1988年12月 「「後見」攷-源氏物語論のために-」『名古屋大学国語国文学』第63号 pp.21~33
  2. 1989年8月 「冷泉-光源氏体制と「後見」-源氏物語における准拠と〈虚構〉-」『文学』第57巻第8号 pp.30~42(『研究講座 源氏物語の視界2-光源氏と宿世論-』(王朝物語研究会編、1995年5月、新典社)に再録)
  3. 1990年3月 「後醍醐天皇と源氏物語-『河海抄』延喜天暦准拠説の成立をめぐって-」『日本文学』第39巻第3号 pp.104~107
  4. 1991年3月 「中世源氏学における准拠説の発生-中世の「准拠」概念をめぐって-」『国語と国文学』第68巻第3号 pp.22~36(『研 究講座 源氏物語の視界1-准拠と引用-』(王朝物語研究会編、1994年4月、新典社)、『日本文学研究論文集成 源氏物語2』(植田恭代編、1999 年8月、若草書房)に再録)
  5. 1992年3月 「二条良基周辺の源氏学-国文学研究資料館蔵『光源氏一部連歌寄合』の紹介と翻刻-」『国文学研究資料館紀要』第18号 pp.117~194
  6. 1992年4月 「〈例〉の物語としての源氏物語」『季刊iichiko』第23号 pp.87~97
  7. 1993年10月 「経済・貨幣-「准太上天皇」光源氏の封戸をめぐって-」『物語とメディア 新物語研究1』 pp.230~239(物語研究会編 有精堂)
  8. 1993年12月 「『源氏物語大成 校異篇』をめぐる諸問題-河内本校異について-」『名古屋大学国語国文学』第73号 pp.11~23(安藤徹氏との共同執筆)
  9. 1994年2月 「源氏物語「准太上天皇」攷」『愛知県立大学 説林』第42号 pp.17~28
  10. 1994年12月 「河内本本文の成立-「舊尾州家蔵河内本源氏物語存疑」続貂-」『講座 平安文学論究』第十輯 pp.171~205(平安文学論究会編 風間書房)
  11. 1996年2月「尾州家河内本から耕雲本源氏物語へ-所謂補写十三帖をめぐって-」『愛知県立大学文学部論集』第44号 pp.1~24
  12. 1997年3月「中京大学図書館蔵 河内本源氏物語について」『中京大学図書館学紀要』第18号 pp.10~19
  13. 1998年10月「『奥入』と「勘加事」-藤原定家の『源氏釈』勘考をめぐって-」『日本文学』第47巻第10号 pp.50~53
  14. 1999年3月「了俊・兼良の源氏物語-書陵部蔵源氏物語をめぐって-」『愛知県立大学 説林』第47号 pp.23~34
  15. 1999年4月「青表紙本源氏物語の目移り」『国文学』第44巻第5号 pp.32~38
  16. 2000年3月「河内本本文の揺れ-岩国吉川家本の場合-」『名古屋平安文学研究会会報』第25号 pp.1~16
  17. 2000年5月「河内本の成立とその本文-源親行の源氏物語本文校訂-」『源氏物語研究集成 第十三巻 源氏物語の本文』 pp.113~143(風間書房)
  18. 2001年8月「青表紙本源氏物語目移り攷」『国語国文』第70巻第8号 pp.1~14
  19. 2001年12月「室町期の源氏物語本文-三条西家本と正徹本と-」『国文学』第46巻第14号 pp.54~60
  20. 2003年6月「河内本について」『源氏物語の鑑賞と基礎知識 29花散里』 pp.205~212
  21. 2004年12月「『源氏物語大成』のこと-青表紙本校異をめぐって-」『むらさき』第41輯 pp.52~56
  22. 2005年5月「定家本源氏物語の復原とその限界」『国語と国文学』第82巻第5号 pp.126~141
  23. 2006年11月「作られた河内本-書陵部本源氏物語をめぐって-」『源氏物語の始発-桐壺巻論集』(日向一雅・仁平道明編 竹林舎)pp.513~533
  24. 2007年6月「建仁二年定家本伊勢物語の復原」『中古文学』第79号 pp.91~103
  25. 2007年6月「定家本伊勢物語の展開-その変わらざる表記をめぐって-」『語文』第88輯 pp.33~44
  26. 2007年10月「『源氏物語大成』の三条西家本」『詞林』第42号 pp.62~72
  27. 2009年2月「角屋保存会蔵 源氏物語末摘花巻-解題と影印・翻刻-」『角屋研究』第18号 pp.15~60
  28. 2009年7月「仙源抄の定家本源氏物語」『皇統迭立と文学形成』(大阪大学古代中世文学研究会編 和泉書院)pp.305~320
  29. 2009年10月「大島本源氏物語の本文成立事情-若菜下巻の場合-」『大島本源氏物語の再検討』(中古文学会関西部会編 和泉書院)pp.167~208
  30. 2010年5月「室町期『伊勢物語』書写の一様相-伝肖柏筆本・伝心敬筆本・坊所鍋島家本の三伝本をめぐって-」『伊勢物語 享受の展開』(山本登朗編 竹林舎)pp.8~30
  31. 2010年10月「奥入付載の定家本源氏物語-飯島本藤袴巻の場合-」『詞林』第48号 pp.34~47
  32. 2011年6月「奥入付載の定家本源氏物語-第二次奥入付載本の場合-」『語文』第96輯 pp.13~30
  33. 2011年9月「奥入付載の定家本源氏物語-飯島本若菜下・夕霧・総角巻の場合-」『源氏物語の展望』第十輯(森一郎・岩佐美代子・坂本共展編 三弥井書店)pp.342~381
  34. 2011年10月「失われた定家本源氏物語-飯島本桐壺巻の場合-」『詞林』第50号 pp.1~13
  35. 2012年3月「河内本源氏物語の本文成立事情-手習巻再説-」『武家の文物と源氏物語絵』(高橋亨・久富木原玲・中根千絵編 翰林書房)pp.107~115
  36. 2012年10月「本文系統の認定をめぐる諸問題-書陵部蔵三条西家本源氏物語について-」『詞林』第52号 pp.12~24
  37. 2014年2月「三条西家源氏学の本文環境」『源氏物語注釈史の世界』(日向一雅編 青簡舎)pp.71~91
  38. 2014年11月「本文研究の可能性-定家本源氏物語の場合-」『国語と国文学』第91巻第11号 pp.139~149

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

更新履歴
2020/06/03 18:09
源氏物語校異集成(稿)
2017/01/09 11:03

Feed