国際ワークショップのお知らせ

  • 研究
2019年5月24日
  • 文学部・文学研究科をめざす方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生・修了生の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ
  • 留学生の方へ

「イメージと時間:写真、映画、ニューメディア」

  • 日 時: 2019年5月26日(日)13:00〜17:30
  • 場 所: 大阪大学豊中キャンパス 文法経本館2階 大会議室

プログラム

13:00~15:00:教員・院生によるワークショップ

・谷百合子(大阪府立大学)
「時を旅する詩人、ジャン・コクトー」[仏語発表]
・東志保(大阪大学)
「写真、映画、ブリコラージュ―クリス・マルケルとアニエス・ヴルダ」[仏語発表]
・橋本知子(大阪大学文学研究科修士課程)
「ダンス映画における時間、イメージ」[英語発表]
・松井浩子(大阪大学人間科学研究科博士後期課程)
「伊藤高志の初期映像を考察する―ドゥルーズの時間論に依りつつ」[日本語発表・英語資料付]

15時15分—17時30分:基調講演

フィリップ・デュボワ (パリ第三大学映画視聴覚研究科教授・大阪大学文学研究科招聘教授)
「写真、映画、時間―イメージに時間を見ることはできるのか?」
ディスカッサント:堀潤之(関西大学文学部教授)
※基調講演はフランス語で行われます(日本語翻訳資料付)

ワークショップポスターPDFは こちら 20190526_ワークショップポスター.jpg

項目 内容
日時 2019年5月26日
連絡先名称 東 志保(大阪大学文学研究科 アート・メディア論 助教)
連絡先メールアドレス sazuma[at]let.osaka-u.ac.jp
[at]を@に置き換えてください。