パーソナルツール

現在位置: ホーム / 研究・社会連携 / 社会連携 / 公開講座 / 公開連続セミナーのお知らせ

公開連続セミナーのお知らせ

2019年05月26日
  • 研究
  • 文学部・文学研究科をめざす方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生・修了生の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ
  • 留学生の方へ

「展示の映画」 Le cinéma d’exposition

  • 日 時: 2019年5月8日、15日、22日、29日 (毎週水曜日)
         16時20分〜19時30分 (途中休憩10 分あり)
  • 場 所: 大阪大学豊中キャンパス
         全学教育推進機構管理・講義A棟2階HALC1 (A212)

※5月15日より教室が変更になりました。
※どなたでもお越しいただけます。また、講義はフランス語で行われます(日本語通訳付き)。

講師:フィリップ・デュボワ
         (パリ第三大学映画視聴覚研究科教授・大阪大学文学研究科招聘教授)

この授業では、現代芸術の実践のなかにある、映画の存在形式という特殊な領域を学ぶ。そのことで、「映画」という概念そのもの(一般的な歴史による定義、ほぼ普遍と考えられている装置の形態)への問いかけを行うものである。具体的には、エキスパンデッド・シネマ、映画作家によるインスタレーション、芸術作品における映画の再上映、映画館から美術館、あるいはその他の空間への装置の移動を取り上げ、映画の伝統的な投射価値を、映画イメージの展示価値へ置き換えて考察する。そして、混成的な芸術実践の総体を通して、いかに芸術と映画の間の対話が、20年前から紡ぎ出されてきたのかを理解することを試みる。

セミナーポスターPDFはこちら 201905_連続セミナーポスター(改訂版).jpg

項目 内容
日時 2019年05月22日 2019年05月29日
連絡先 東 志保(大阪大学文学研究科 アート・メディア論 助教)
連絡先Eメール sazuma[at]let.osaka-u.ac.jp
*[at]を半角の@(アットマーク)に置き換えてください