パーソナルツール

2017年度

第61回「中央アジア学フォーラム」

2018年3月31日(土)
【大阪大学豊中キャンパス 文学研究科本館2階 大会議室】
詳細は中央ユーラシア学研究会HP

内  容 中央アジア史の研究報告
講演者等:旗手瞳、早川尚志 ほか
主  催 中央ユーラシア学研究会
問合せ先 荒川正晴

大阪大学での10年間を振り返る
「ケアの臨床哲学」研究会がめざしたこと

2018年3月31日(土) 15:00~17:00
【大阪大学中之島センター 講義室703】
チラシPDFはこちら

主  催 大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会
共  催 ・患者のウェル・リビングを考える会(神戸)
・〈ケア〉を考える会(京都/岡山)
・からほりさろん(大阪)
・合同会社医療介護連携研究所・ぼちぼちいこ会(大阪)
問合せ先 大阪大学文学研究科「ケアの臨床哲学」研究会

チェコ/スロバキア 知遊サロン:
「チェコスロヴァキア独立運動史再考−−建国100周年によせて」

2018年3月17日(土) 15:00~17:00
【大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館 セミナー室】

内  容 関西チェコ/スロバキア協会ホームページ】をご覧ください。
共  催 ・大阪大学文学研究科 ドイツ文学研究室
・関西チェコ/スロバキア協会
問合せ先 三谷研爾(大阪大学文学研究科ドイツ文学研究室)

国際共同研究促進プログラム共催 国際ワークショップ
「名詞化と名詞修飾」
"Nominalization and Noun modification"

2018年3月17日(土)10:30~17:30
サンフランシスコ州立大学 (アメリカ)

内  容 プログラム(各発表要旨PDFはこちら
共  催 NINJAL and Osaka University in support with
College of Liberal & Creative Arts and Dilena Takeyama Center,
San Francisco State University

天理市観光協会設立60周年記念シンポジウム
ここまで判った物部氏
―考古学の調査研究の成果から―

2018年3月4日(日)10:00~16:00
【東京国立博物館 平成館:大講堂(1階)】
 チラシPDFはこちら

講 師 等 桑 原 久 男 氏 (天理大学文学部:教授)
池 田 保 信 氏 (埋蔵文化財天理教調査団:主任)
古 谷  毅  氏 (京都国立博物館学芸部:主任研究員)
中久保 辰夫 氏 (大阪大学埋蔵文化財調査室:助教)
石 田 大 輔 氏 (天理市文化財課:主任)
寺 前 直 人 氏 (駒澤大学文学部:准教授)
主  催 天理市観光協会
後  援 天理市、奈良県、(一財)奈良県ビジターズビューロー、歴史街道推進協議会

人文・社会科学横断 若手研究者ワークショップ:
社会における言語使用としてのヘイトスピーチ vol.1

2018年2月18日(日)14:00~17:00
【大阪大学豊中キャンパス 文学部本館 中庭会議室】
ポスターPDFはこちら

内  容 現代社会を蝕むヘイトスピーチをテーマに、気鋭の若手研究者がそれぞれ異なった
アプローチを展開し議論する、領域横断的ワークショップです。
参  加 自由(どなたでもご参加いただけます)
問合せ先 嘉目道人(大阪大学大学院文学研究科 哲学哲学史専門分野)

比較デザイン学研究会:
Creative Miscommunication
コミュニケーション ねじれる/うみだす/つながる

2018年1月29日(月) 11:00-12:00   13:00-17:30
【大阪大学豊中キャンパス 全学教育総合棟2階 ステューデントコモンズ セミナー室 A】
 プログラムPDFはこちら

主  催 大阪大学 文学研究科 比較デザイン学クラスター
後  援 大阪大学 CO デザインセンター
問合せ先 大阪大学美学研究室

東アジア哲学会議:
「現象学・臨床哲学・倫理学を繋ぐ」

2018 年 1月 29 日(月)9:00~18:00
【大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館 アセンブリー・ホール】
 プログラムPDFはこちら

主  催 大阪大学臨床哲学・倫理学研究室
共  催 中国・広州中山大学、香港中文大学、台湾・政治大学、陽明大学、
科研共同研究「傷つきやすさと有限性の現象学的研究」
言  語 日本語、中国語

阪大比較文学会シンポジウム:
「比較文学研究に見る‘Trans-’」

2018年1月26日(金)14:40~17:00
【文学部本館4階 464講義室】
シンポジウムの詳細PDFはこちら

主  催 阪大比較文学会
共  催 科研費基盤研究C
「女性教育者とそのTransnational Networkに関する比較文学的研究」
(代表:小橋玲治)
参加方法 聴講自由、事前申込不要。

日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー
第2回公開セミナー:東南アジア哲学の可能性

2017年12月22日(金)14:40~17:30
【大阪大学文学研究科 文法経本館 中庭会議室】
公開セミナーのプログラム(PDF)はこちら ◆使用言語は英語です。

主  催 2017年度 大阪大学国際共同研究促進プログラム(タイプB)
国際ジョイントラボラトリー
問合せ先 望月太郎教授

「シアトロクラシー」――観客の美学と政治学

2017年9月11日(月)11:00~18:00
【大阪大学中之島センター講義室507】
ポスターPDFはこちら

内  容 このシンポジウムでは、哲学・文学の歴史のなかで「観客」がどのように
論じられてきたのか、また「観客」から考えると芸術にどのような可能性があるのか
議論します。
発表はドイツ語または英語で行われますが、発表内容の日本語訳を配布します。
また日本語で質疑に参加することも可能です。
※大阪大学文学研究科 美学研究室Facebookはこちら
主  催 大阪大学大学院文学研究科 美学研究室
問合せ先 田中 均 准教授

日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー
公開セミナー:東南アジア哲学の可能性

2017年7月26日(水)16:20-18:30
【大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構スチューデントコモンズ セミナー室 D】

内  容 なおこの公開セミナーは、7月25日(火)に京都大学で催される同趣旨のセミナー
(東南アジア哲学の可能性 I)と連続しています。
詳細は英文プログラムをご参照ください。
◆使用言語は英語です。
主  催 2017年度 大阪大学国際共同研究促進プログラム(タイプB)
国際ジョイントラボラトリー
問合せ先 望月太郎教授

Osaka University Japanese Studies Workshop 2017

Saturday,July 22,2017 11:00am ~6:30pm
【Conference Room,2nd Floor,Machikaneyama Hall,Toyonaka Campus,Osaka University】
Flyer(PDF)

内  容

This workshop brings together scholars and students in the humanities from
inside and outside Osaka University to share their research on Japan in English,
with the goal of making cutting-edge humanities research on Japan available to
a wide international audience.

Abstracts (PDF)

主  催 Global Japanese Studies Cluster, Graduate School of Letters, Osaka University
問合せ先 Yoshitaka Yamamoto 山本嘉孝研究室

シンポジウム:Nominalization Festival 3

2017年7月8日(土)10:00~17:30
【大阪大学豊中キャンパス 文法経本館2階 大会議室】
シンポジウムチラシはこちら

内  容
発表要旨(PDF)はこちら
発表5:柴谷方良(Rice University・大阪大学)
連体修飾の文法ー「内の関係」・「外の関係」を超えて
発表PDFはこちら
主  催 大阪大学平成29年度国際共同研究促進プログラム
共  催 待兼山ことばの会
問合せ先 鄭 聖汝(Chung Sung Yeo) 大阪大学大学院文学研究科

平成29年度 国際共同研究促進プログラム
―準体法研究を中心とした機能文法理論の新展開―

2017年6月16日(金)、7月7日(金)、7月21日(金)
【大阪大学豊中キャンパス 文法経本館461教室
詳細チラシはこちら

第8回 大阪大学・チュラーロンコーン大学
日本文学国際研究交流集会

2017年6月10日(土)13:30~17:30
【大阪大学豊中キャンパス 文法経済学部本館 中庭会議室】
詳細ポスターはこちら

内  容 大阪大学・チュラーローンコーン大学に関係する、世界各国の若手を中心とした
日本文学研究者による発表会。
主  催 ・大阪大学日本文学研究室
・チュラーロンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座
問合せ先 日本文学・国語学研究室(齋藤理生 准教授)

「朝鮮」から戦後日本を問う

2017年6月5日(月)14:00~17:00
【大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館会議室】
チラシPDFはこちら

内  容 近年立て続けに著書・編著を日本で刊行された
韓国・聖公会大学日本学科教授 権赫泰さんをお招きして、
権さんの近業をめぐって意見交換する機会を設けました。
主  催 大阪大学大学院文学研究科 グローバル日本研究クラスター

「在日文学」研究の現在 ー北米の動向を中心にー

2017年6月1日(木)14:00~17:00
【大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館会議室】
チラシPDFはこちら

内  容 今年4月にはアメリカの Lehigh 大学で Zainichi Literature Workshop が
開催されるなど、近年北米でも「在日文学」に対する関心が高まっています。
本ワークショップでは、4月のworkshop のオーガナイザーの一人でもある
Christina Yi さんをゲストに迎え、問題関心の共有を図るとともに、具体的な
研究成果についての議論を深める機会としたいと思います。
みなさんのご参加をお待ちしています。
主  催 大阪大学大学院文学研究科 グローバル日本研究クラスター