" 大阪大学文学部:哲学・思想文化学 大学院文学研究科:哲学哲学史/現代思想文化学

イベント

世界哲学の日記念講演会「ゲームにおける真理と他者―プロ将棋の場合―」

日時:2018年11月24日(土) 14:00-16:00
場所:大阪大学豊中キャンパス 文学部中庭会議室
主催:哲学思想文化学専修
講師:嘉目道人(大阪大学特任講師)
概要:対戦型のゲームにおいて相手を負かそうとするプロセスは、真理の探究と似ています。しかし他方で、ゲームには他のプレイヤーとの対話という側面があり、相互の協力が求められます。たとえば将棋のプロ棋士は、レベルの高い名勝負を繰り広げ、美しい棋譜を残すという目的を共有しつつ対局します。そこでなされている対話 とはどのような対話なのでしょうか。主にアーペルとハーバーマスの討議理論に依拠しつつ、哲学的に考察します。
連絡先:06-6850-5095(三木)/ irie[at]let.osaka-u.ac.jp(入江)
→ポスター

第24回handai metaphysica特別講演会「Millianism, Nonexistence and Classical Logic」

日時:2018年9月23日(日) 16:00-18:00
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経本館2F演習室254
講師:Paolo Bonardi氏(Tokyo Metropolitan University & Université de Genève)
概要:Millianism is the doctrine according to which the semantic content of a proper name is exhausted by its referent. My talk will be about the so-called empty (proper) names, more specifically: names that belong to fiction/pretense (e.g. “Sherlock Holmes”); and names that are empty because of an error (e.g. “Vulcan”). I will present a Millian account of empty names according to which: names from fiction and error refer to actual, concrete and (necessarily) nonexistent objects (viz. objects that do not exemplify the first-order property of existence); these objects (necessarily) lack ordinary properties (e.g. being a detective), whereas they can have and, in fact, have some non-ordinary properties (e.g. being something such that fictionally, he/it is a detective); and their logic is classical. I will consider some difficulties that this account meets which concern the individuation of nonexistent objects and a possible way out of the impasse.
※講演は英語で行われます。
連絡先:三木那由他(nayuta.miki[at]let.osaka-u.ac.jp OR nyt.miki[at]gmail.com)

第6回大阪哲学ゼミナール

日時:2018年9月17日(月)~ 9月20日(木)
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経済学部本館4F講義室460
講師:アンドレアス・ニーダーベルガ―(デュースブルク-エッセン大学教授)
※ゼミナールは主に英語で行われますが、ときどきドイツ語や日本語が使われます)。
スケジュール:
9月17日(月)14:00-17:00
「Liberalism and Republicanism(1)」
18日(火) 9:30-12:00
「Liberalism and Republicanism(2)」
14:00-17:00
「カント実践哲学のポテンシャリティ 倫理学の見地から」
Kantian virtue in the discussion of "the priority of the right over the good"(仮)
問題提起:田原彰太郎(茨城大学准教授)
19日(水) 9:30-12:00
「Liberalism and Republicanism(3)」
14:00-17:00
「カント実践哲学のポテンシャリティ 政治哲学の見地から」
Arendt and Council Democracy
問題提起:金慧(千葉大学准教授)
20日(木) 9:30-12:00
「Unabhaengigkeitsthese」
問題提起:Jan Gehrmann (Duisburg-Essen Uni)

カセム・ペンピナント准教授講演会「タイで哲学するということ(The Meaning of Philosophizing in Thailand)」

日時:2018年8月1日(水) 9:00-10:20
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟4階文41番教室
講師:カセム・ペンピナント(チュラロンコン大学文学部哲学科准教授)
※講演は英語で行われますが、通訳が付きます。

ページのトップへ戻る