勝福寺古墳デジタル歴史講座

勝福寺古墳とは

発掘調査の展開

勝福寺古墳歴史講座

三次元データでみる勝福寺古墳
三次元コンテンツ研究の解説
墳丘・石室編
遺物編
現場からのリアルタイム発信編

Web版川西の遺跡

TOPページへ


このCDについて 映像の再生について サイトマップ 大阪大学考古学研究室

タイトル:勝福寺古墳とは

勝福寺古墳の概要

写真:勝福寺古墳兵庫県川西市火打2丁目に所在する勝福寺古墳は、明治年間に壁土用の土取りによって横穴式石室が見つかり、画文帯神獣鏡という中国製の鏡や、龍の文様が象嵌された大刀などが出土したことから、近畿地方の有力古墳としてはやくから知られていました。1934年には京都大学の梅原末治博士によって現地調査が行われ、全国に紹介されるとともに、学問的な検討が深まりました。その後1970年代には、川西市教育委員会の発掘調査によって墳丘の南の高まりから鉄鏃や鉄刀などを副葬した木棺直葬墓がみつかっています。

私たちが今回の調査を行うまでは、勝福寺古墳は五世紀と六世紀の2つの円墳が南北に接して築造されたもの考えられ、それぞれ勝福寺南墳(埋葬施設は木棺直葬)、勝福寺北墳(埋葬施設は横穴式石室)と呼ばれていました。

しかし、古墳の形や造られた時期については依然としてわからない点が多かったため、大阪大学考古学研究室による2000年の測量調査に続いて、2001年から2004年にかけて大阪大学考古学研究室と川西市教育委員会が協力して発掘調査を実施しました。

その結果、勝福寺古墳は全体が長さ40mの1つの古墳で、6世紀前葉に造られたことがわかりました。また、後円部にはこれまで知られていた横穴式石室のほかに、もう1基の横穴式石室が存在することが明らかとなりました。つまり、勝福寺古墳は後円部に2基の横穴式石室、前方部に木棺直葬墓を設けた有力な古墳だったわけです。

さらに、発掘調査によってみつかった埴輪が、尾張地域(現在の愛知県西部)の埴輪に大変よく似た作り方をしていることがわかり、勝福寺古墳の被葬者が遠隔地の豪族と特別なつながりを持っていたことも浮かび上がってきました。

これらのことから、勝福寺古墳は6世紀前葉に淀川流域で台頭した継体天皇(継体大王)を支援した有力豪族の墳墓と推定されるにいたりました。

このCD版「勝福寺古墳デジタル歴史講座」においては、一連の調査で得られた成果を用いて、勝福寺古墳の歴史的な意義を考えてみたいと思います。

勝福寺古墳・所在地図

ページのTOPへ戻る

勝福寺古墳における調査・研究の歴史

年表
1891年
(明治24)頃
横穴式石室の側壁と羨道入口が露出し、内部において多くの副葬品が発見。
1892年坪井正五郎「摂津国川辺郡川西村発見古器物考」
1929年木村次男1929「摂津の鈴鏡出土の古墳」『考古学雑誌』第19巻第11号 日本考古學會、東京:pp.20−27、発表。
勝福寺古墳を主体部に横穴式石室を持つ前方後円墳と報告。
1933年墳丘南側から五獣形鏡、鹿角製刀装具の付いた刀片が出土。後に南 墳北槨と呼ばれる埋葬施設の存在が確認。
1934年梅原末治らによる調査。
1935年梅原末治1935「摂津火打村勝福寺古墳」『近畿地方古墳墓の調査一』日本古文化研究所報告第一 日本古文化研究所、京都:pp.44−51発表。前方後円墳ではなく、時期を異にする円墳2基が連接したものであると報告。
1971年川西市教育委員会による調査。
南墳南槨を検出・調査。石室内の調査。墳丘測量。石室実測。円墳2基が連接したという梅原末治の見解を踏襲。その成果は、以下の『かわにし』で公表されている。
1974年武藤誠1974「考古学からみた川西地方」『かわにし』川西市史第1巻 川西市、兵庫:pp.39−168
1976年亥野彊1976「古墳時代の遺跡と遺物」『かわにし』川西市史第4巻資料編T 川西市、兵庫:pp.81−104
2000年大阪大学大学院文学研究科考古学研究室による測量調査。石室実測。
2001年清家章編2001『勝福寺古墳測量調査報告』(大阪大学考古学研究室)を刊行。前方後円墳である可能性を指摘。埴輪を採集。
2001〜2004年大阪大学考古学研究室・川西市教育委員会による発掘調査。
2004年寺前直人編2004「勝福寺古墳発掘調査概報」『西日本における前方後円墳消滅過程の比較研究』(大阪大学考古学研究室)を刊行。

ページのTOPへ戻る