Last Update: 2014/4/21
小林 茂教授の写真

ネパール、コテン村のビル・バハドゥールさんと(2003年5月)

略歴

学位

専門分野・調査対象地域

文化地理学・文化生態学。農耕・牧畜を中心とした資源利用を軸に、災害、疾病なども視野にいれつつ、人間-環境関係の長期変動の理解をめざしている。また景観の記録としての地図に関心をよせ、近世絵図さらには近代地図の研究にも従事してきた。

国内では琉球列島・九州、海外ではネパールヒマラヤで調査研究をおこなってきた。

現在は外邦図研究(科学研究費・基盤研究(A)、国土地理協会助成)に代表者として参加するほか、東アジアの土地調査事業史(科学研究費)に分担者として参加している。

受賞

業績

著書

  • 内嶋善兵衛・勘米良亀齢・田川日出夫・小林 茂編(1995.3)『日本の自然 地域編7 九州』岩波書店、198p。
  • 小林 茂・佐伯弘次・磯 望・高倉洋彰編(1998.3)『福岡平野の古環境と遺跡立地』九州大学出版会、289p。
  • 小林 茂・磯 望・下山正一編(2001.9)『太宰府市史 環境資料編』太宰府市、565p+付図11。
  • 小林 茂(2003.6)『農耕・景観・災害 ―琉球列島の環境史―』第一書房、357p。
  • 小林 茂・杉浦芳夫編(2004.3)『人文地理学』放送大学教育振興会、309p。
  • 高倉洋彰・磯 望・小林 茂・石松好雄・長 洋一編(2005.3)『太宰府市史 通史編Ⅰ』太宰府市、1,124p。
  • 渡辺正氏所蔵資料編集委員会編(世話人:小林 茂)(2005.3)『終戦前後の参謀本部と陸地測量部 ―渡辺正氏所蔵資料集―』大阪大学文学研究科人文地理学教室、口絵4p+ⅴ+124p。
  • 鳴海邦匡・大澤研一・小林 茂編(2008.2)『城下町大坂』大阪大学出版会、100p。
  • 小林 茂・杉浦芳夫編(2008.3)『改訂版 人文地理学』放送大学教育振興会、329p。
  • 小林 茂編(2009.2)『近代日本の地図作製とアジア太平洋地域 ―「外邦図」へのアプローチ―』大阪大学出版会、512p。
  • 小林 茂・鳴海邦匡・波江彰彦編(2010.11)『日本地政学の組織と活動 ―綜合地理研究会と皇戦会―』大阪大学文学研究科人文地理学教室、口絵4p+ⅴ+171p。
  • 小林 茂(2011.7)『外邦図 ―帝国日本のアジア地図―』中央公論新社(中公新書2119)、口絵4p+ⅹ+282p。
  • 小林 茂・宮澤 仁編(2012.3)『グローバル化時代の人文地理学』放送大学教育振興会、270p。

その他

  • 小林 茂(2013.4)「外邦図―軍事情報から近代資料へ―」(放送大学特別講義)2013年4月より3ヶ月に1回程度放送大学のテレビ番組として放映。

メールはこちらへ

小林茂のメールアドレス