中国文学研究室に興味のある方へ

大阪大学中国文学研究室の特色

大阪大学の中国文学専修の最大の特色は、蘇軾などの宋代文学、三国演義や水滸伝などの俗文学に強いことです。特に、俗文学は、専門に学べる大学は限られているといえます。もちろん、これらの分野外にも、中国であれば様々な時代・分野について学ぶことが出来ます。
また、阪大の中文の特徴として、非常に自由な学風であるということが挙げられます。学生は、自分の興味の範囲に応じて様々なことを好きなだけ学ぶことが出来ます。自分でものを調べ、考えることが好きな人には、最適な環境であるといえるでしょう。
研究室の雰囲気も、人数が少ない分、とてもフレンドリーで親しみやすいといえます。"研究室"といえば、大学院生が独占していて殺伐としている印象がありますが、阪大の中文はそうではなく、学部生でもみんな気軽に出入りしています(もちろん、研究室で勉強する学生も非常に多いです。阪大中文ならではの強み)。
中国に興味のあるあなた、ぜひ阪大中文へ!

大学受験生のみなさんへ

このページを見ておられるということは、中国学に興味があり、大学に入ってから中国学を研究することを視野に入れておられる人でしょう。中国学にも、各大学によって様々な特色がありますから、志望校選びにも影響が出ると思います。阪大の中文は、上述の理由から、受験生の方にも自信を持っておすすめできます!オープンキャンパスでは、研究室の見学もできますから、ぜひ一度お越し下さい!

所属専修を決めかねている学部1回生の方へ

行きたい専修がいろいろあって、どこの専修に所属するか迷っている1回生の方は、ぜひお気軽に研究室にお越し下さい。当専修は人数が少ない分、"研究室"と聞いて想像されるような堅苦しさや近寄りがたさはまずありません!中文の学生には、1回生の頃から研究室にちょくちょく顔を出していた人が結構います。研究室に来れば、優しい上回生がいろいろなことを教えてくれます。
また、毎年6月もしくは7月(今年は7月4日です)と11月に研究室訪問の機会がありますので、その時にはぜひ中文研究室にお越し下さい!

大学院への進学を希望される方へ

大学院で中国文学専攻に進学を希望される他大学の方のために、研究室訪問を受け付けております。教員紹介のページ記載のメールアドレスに直接ご連絡いただくか、文学研究科のホームページ(←おすすめ!)より手続きして下さい。