倫理学・臨床哲学研究室へようこそ

臨床哲学(通称:臨床哲学研究室)は、鷲田清一氏らの呼びかけにより多方面で動き出した〈臨床哲学〉の試みを引き受け、1998年4月より、哲学講座倫理学研究室から名称を改め発足しました。

最新情報&更新情報 (最終更新日:2016.5.13


・第38回臨床哲学研究会の発表者を募集します。(6月30日締切)

・実社会対応プログラムの研究成果・報告を掲載しました。

・『臨床哲学』vol17が発行されました。

・『てがみー昔の私へー』が刊行されました。(大阪大学未来知創造プログラム(2014年度)採択課題「歯科医療現場における障害のある子どもとその親への包括的支援プログラムの開発)

 


→ 過去の更新情報