『懐徳堂研究』 第10号 投稿規定

『懐徳堂研究』 第9号 投稿規定

懐徳堂研究センターでは、『懐徳堂研究』第10号の原稿を下記の通り募集しています。


投稿資格
  • 漢学関連の研究を志す方ならどなたでもご投稿頂けます。
募集する原稿
  • 懐徳堂およびその周辺領域の研究に関する論考(日本思想・日本漢学領域を含む)
  • 懐徳堂研究センターの活動に関わる論考
  • 日本および東洋の文化・学問に関する論考
締切
  • 2018年10月末日(必着)
枚数
  • 四百字詰め原稿用紙に換算して五〇枚以内
  • ただし目録・翻刻などで大部なものは枚数の超過を認めることがある。
形式
  • 打ち出し原稿および電子データ(WORDファイル。一太郎ファイルも可)
  • 懐徳堂研究センターへ郵送または直接提出のこと
採否
  • 懐徳堂研究センターによる審査を経て採否を決定し、執筆者へ通知する
校正
  • 著者校正は再校まで
  • 念校は懐徳堂研究センターにて行う
刊行形態
  • 2019年2月刊行予定
  • 関係機関や研究者に配布する
  • 刊行物と同内容の電子ファイル(PDF)を本誌刊行一年後から懐徳堂研究センターHP、及び大阪大学機関リポジトリ(OUKA)にて公開する
抜刷
  • 執筆者には本冊二部および抜刷三〇部を贈呈する
  • 追加の抜刷を希望の場合は、初校返送時に連絡し、その実費を執筆者が負担する

ご不明な点は懐徳堂研究センターまで御照会ください。


懐徳堂研究センター
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山1-5 
TEL06-6850-6111(代表) 06-6850-5088(直通)

懐徳堂研究センター彙報

2017年2月28日 『懐徳堂研究』第8号を発行

懐徳堂研究センターの職員等は以下の通り(2017年10月~)

  • センター長 浅見洋二(本研究科教授)
  • 研究員   山本嘉孝(本研究科講師)
  • 職員    佐野大介