パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 文学研究科 / カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

大阪大学は、学位授与の方針に掲げる高度な知識・技能などを修得させるために、専攻分野に関する科目並びに高度教養教育及び国際性涵養教育に関する高度な授業科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた高度な授業と優れた研究指導を行います。
また、試験及び審査により学修成果を厳格に評価します。

文学研究科は、大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもと、以下の方針でカリキュラムを編成します。

1.博士前期課程

【教育課程編成の考え方】
2年間の課程を通じて、専門教育、教養教育、国際性涵養教育の3つの柱に基づいた科目編成を行い、人文学の最先端かつ高度な専門性と深い学識、高度な教養、高度な国際性、高度なデザイン力を養います。

○専門教育:「専門教育科目」により、当該分野に必要な専門知識と研究能力、ならびに国際的に発信する言語能力を養います。また、年次ごとに研究計画書と研究報告書の作成を課し、研究を主体的に構想・実行する能力とデザイン力を高め、高度な専門性を備えた修士論文の完成へと導きます。

○教養教育:「高度教養教育科目」により、専門分野以外の学問分野や領域横断的な分野に関する高度な教養を培います。

○国際性涵養教育:「高度国際性涵養教育科目」により、高度な外国語運用能力、異文化や他者に対する感受性と知識を涵養します。また、海外の諸大学との交流協定等に則った留学、海外研修、国際交流への参加を促すことで、上記の能力や知識をさらに高めます。

 【学修内容及び学修方法】
講義科目では、個々の主題に関する体系的な知識を習得するとともに、与えられる論述課題を通じて、自力で資料を収集・分析・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・表現する能力を身につけます。また、演習科目では、各人が口頭発表を行うことで、日本語ならびに外国語の文献資料の高度な読解・分析能力、調査・研究を的確に遂行する能力、その結果を論理的かつ説得的に発信する能力を身につけます。

○専門教育:講義科目と演習科目からなる「専門教育科目」から選択履修します。専門分野によっては学外での実習やフィールドワークを取り入れた実習科目も開講しています。また、修士論文作成を通じて、独自の課題について、主体的に考究・発信する能力を身につけます。

○教養教育:講義科目と演習科目からなる「高度教養教育科目」から選択履修します。

○国際性涵養教育:主として講義科目からなる「高度国際性涵養教育科目」から選択履修します。

 【学修成果の評価方法】
講義科目、演習・実習科目においては、シラバス等に記載されている学習目標の達成度に従い、成績評価の方法(試験や課題、レポートなど)を用いて評価します。

修士論文においては、複数の審査員が、主題選択の妥当性、論述の明晰さ、資料・文献調査の適切性、主張の独自性などを総合的に判断し、評価します。

 

2.修士課程

【教育課程編成の考え方】
2年間の課程を通じて、専門教育、教養教育、国際性涵養教育の3つの柱に基づいた科目編成を行い、人文学の最先端かつ高度な専門性と深い学識、高度な教養、高度な国際性、高度なデザイン力を養います。

 ○専門教育:「専門教育科目」により、当該コースに必要な研究能力と実践的能力、ならびに国際的に発信する言語能力を養います。また、年次ごとに研究計画書と研究報告書の作成を課し、研究を主体的に構想・実行する能力とデザイン力を高め、応用的で領域横断的な修士論文へと完成を導きます。

○教養教育:「高度教養教育科目」により、専門コース以外の学問分野や領域横断的な分野に関する高度な教養を培います。

○国際性涵養教育:「高度国際性涵養教育科目」により、高度な外国語運用能力、異文化や他者に対する感受性と知識を涵養します。また、海外の諸大学との交流協定等に則った留学、海外研修、国際交流への参加を促すことで、上記の能力や知識をさらに高めます。

 【学修内容及び学修方法】
講義科目では、個々の主題に関する体系的な知識を習得するとともに、与えられる論述課題を通じて、自力で資料を収集・分析・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・表現する能力を身につけます。また、演習科目では、各人が口頭発表を行うことで、日本語ならびに外国語の文献資料の高度な読解・分析能力、調査・研究を的確に遂行する能力、その結果を論理的かつ説得的に発信する能力を身につけます。

○専門教育:講義科目と演習科目からなる「専門教育科目」から選択履修します。コースによっては学外での実習やフィールドワークを取り入れた実習科目も開講しています。また、修士論文作成を通じて、独自の課題について、主体的に考究・発信する能力を身につけます。

○教養教育:講義科目と演習科目からなる「高度教養教育科目」から選択履修します。

○国際性涵養教育:主として講義科目からなる「高度国際性涵養教育科目」から選択履修します。

 【学修成果の評価方法】
講義科目、演習・実習科目においては、シラバス等に記載されている学習目標の達成度に従い、成績評価の方法(試験や課題、レポートなど)を用いて評価します。

修士論文においては、主題選択の妥当性、論述の明晰さ、資料・文献調査の適切性、主張の独自性などを総合的に判断し、評価します。

 

3.博士後期課程

【教育課程編成の考え方】
所属する専門分野の講義、演習を通して当該分野に必要な深い学識と高度な研究能力、ならびに国際的に発信する言語能力を養います。年次ごとに研究計画書と研究報告書を作成して、研究を主体的に構想・実行する能力とデザイン力をさらに高めます。

博士論文作成の準備のために、2年次以降に博士予備論文の提出を課します。最終年次には、自立した専門家としての独創性を備えた博士論文の完成へと導きます。

海外の諸大学との交流協定等に則った留学、海外研修、国際交流を積極的に促します。

 【学修内容及び学修方法】
講義科目を通じて、高度な教養ならびに高度な専門性と深い学識を身につけます。

演習・実習科目を通じて、①日本語ならびに外国語の文献資料の高度な読解・分析能力、②調査・研究を的確に遂行する能力、③その結果を論理的かつ説得的に発信する能力を身につけます。

博士論文作成を通じて、独自の課題について、学問的価値の高い成果を主体的に考究・発信する能力を身につけます。

【学修成果の評価方法】
講義科目、演習・実習科目においては、シラバス等に記載されている学習目標の達成度に従い、成績評価の方法(試験や課題、レポートなど)を用いて評価します。

博士論文においては、当該分野の専門家である複数の審査員が、主題選択の妥当性、論述の明晰さ、資料・文献調査の適切性、主張の独自性などを総合的に判断し、評価します。