パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 学部専修紹介 / 東洋史学

東洋史学

中国のみならず、その北方~西方の中央ユーラシア東部と、東方~南方の海域アジアの3領域の歴史を同時に扱う、全国唯一の専修です。特に近年、中国史では近世~現代の社会・経済・法制や民衆運動史に関して、また中央ユーラシア東部史では隋唐からモンゴル帝国までの時期について、海域アジア史では、ベトナムと東・東南アジア海域世界の中・近世史などについて、世界レベルの研究が積み重ねられています。文献史料からの考察と同時に、現地調査を重視するのも、本専修の特徴の一つです。アジアを正当に位置づけた世界史教育の実現など、歴史教育刷新の先頭にも立っています。

2年生の時には専門を固定することなく、広くアジアや歴史全般への眼を開くとともに、史料読解の基礎訓練をします。3年生から、重点的に学習する分野・テーマを絞り込んで行きます。3領域のいずれも、漢文史料の読解が不可欠です。1年生の期間にも第2外国語の学習と同時に、古典漢語の能力の維持・向上に努めることが求められます。本当の学問は実に楽しい、ということを体感してもらえるよう、熱心に指導します。

教員紹介

教授 桃木至朗教授 松井太教授 田口宏二朗

教授 桃木至朗

ももき しろう
ベトナム史/東南アジア・海域アジア史/歴史理論と歴史教育
東南・東北アジアの小農社会とジェンダー、政治=文化意識、歴史学と歴史教育のための教養の再建。                          
p_momoki
メッセージ
 学部や専修の選択が「好きだから」「就職に有利だから」の二者択一で決まるような大学を一流大学とは言わない。「自然科学はすべて法則があって唯一の正解がある」「人文系の研究では個人の自由な発想がすべてだ」などとみんなが思い込んでいるような大学を一流大学とは言わない。そうした低次元な思い込みのままで本だけ沢山読むという人文学のありかたを、日本を含む東南・東北アジアの歴史の研究・教育を通じて変えるのが、私の仕事である。

2020年 8月更新

教授 松井太

まつい だい
中央アジア史/モンゴル時代史
モンゴル時代前後の中央アジアの社会経済史・税役制度、古代トルコ語・モンゴル語文書の歴史文献学的研究。
p_matsui
メッセージ
 中央アジア地域で発見・発掘された古代トルコ語・モンゴル語の文書史料を利用して当該地域の歴史を研究しています。一つ一つの古文書は、長い・広い歴史のごく限られた一部を切り取ったものでしかありませんが、編纂記録にはみえないような個人・社会の実像をうかがうことができます。それらの微細な発見を大きな歴史の流れに位置づけていくためには、幅広い知識と、柔軟で多面的な構想力が必要です。「しんどい」分野ですが、学生の皆さんが挑戦してくれることを期待しています。

2020年 8月更新

教授 田口宏二朗

たぐち こうじろう
中国史・経済史
明清期中国の社会経済史・財政史・河北地域史、民国期南京の都市不動産。            

p_taguchi
メッセージ
 我々は複数の時間の流れの中を生きています。10の何乗年以上ものスパンが意味を持つような超長期のものから、コンマ秒の価格変動が利潤を生ずるような時間まで、われわれの生活を律しているのです。これらいくつかの時間体系を越境し、それぞれの中に自らを位置づけ、世界のなりたちをぎりぎりまで考えることを楽しむ。目の前のオブリゲーションを淡々とこなし、熱く天下国家を語り、役にも立たない思考実験を反復する。その楽しさを皆さんとぜひ共有したいと思います。

2020年 8月更新

学部専修紹介一覧に戻る