パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 文学部 / ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

大阪大学は、教育目標に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、所属学部において定める専門分野に関する知識・技能、教養、国際性及びデザイン力を身につけ、所定の単位を修得し学部規程に定める試験に合格した学生に学位を授与します。

 (学習目標)

  ○高度な専門性と深い学識
   ・専門分野における知識・技能を有している
   ・課題解決のために知識・技能を活用できる

  ○教養
   ・幅広い知識を有している
   ・複眼的・俯瞰的に思考し、客観的に評価できる

  ○国際性
   ・異なる言語・文化を理解できる
   ・言語・文化の相違を超えて交流できる

  ○デザイン力
   ・社会・学問における新たな課題を発見し、解決の道筋を構想できる
   ・社会・学問における課題の発見・解決のために、様々な分野の人と協働できる

 文学部は、大阪大学のディプロマ・ポリシーのもと、以下の能力や学識の修得を学士(文学)授与の要件とします。

 ○高度な専門性と深い学識
 ・専門的知識と、調査・研究のための方法・技能を系統立てて身につけている。
 ・調査・研究の成果と自分の知見を、日本語および外国語で明晰に論述する能力を
  身につけている。

 ○教養
 ・学問全般にわたる幅広い教養を身につけている。
 ・多くの事象にわたる総合的な人文学的教養を身につけている。

 ○国際性
 ・他者や異文化に対する鋭敏な感受性と深い理解力を身につけている。
 ・豊かな日本語能力と、2つ以上の外国語の運用能力を身につけている。

 ○デザイン力
 ・人間の精神的・文化的営みを深く内在的に把握するとともに、社会と文化の変遷を巨視的な観点に立って意味づけ理解できる。
 ・上記の能力をもとに、社会・学問における新たな課題を発見し、解決の道筋を構想できる。

 ○独自の学習目標
 ・高度な専門性と深い学識、教養、国際性、デザイン力に基づいて、独自性を備えた卒業論文を作成できる。