パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 学部専修紹介 / 美学・文芸学

美学・文芸学

2019_bigaku

美学研究室は、美学思想をさまざまな芸術とのつながりか
ら理解することを重視してきました。現在はさらに、美学という学問がいかに日常生活とかかわりを持つのかにも関心を向けています。美学が積み重ねてきた議論は、分野を横断するアートを考察するうえで有効ですし、デザインの歴史について考える手がかりにもなります。今日ますます芸術を定義するのが難しいのは、周縁がたえず更新されて輪郭が定まらないからでしょう。ならば、芸術をその周縁から考えるのは一番有効な方法です。そして、既存の芸術ジャンルに制約されない美学こそが周縁分野に足を踏み入れることができます。

文芸学研究室は、芸術学の一分野として文学(文芸)や作家の思想を取り扱います。アリストテレス『詩学』などの西洋古典文献から連なる文芸学の潮流を重視することから西洋古典学も扱いますが、関心の対象は幅広く、古今東西の文学や思想・文学論も視野に収めており、文芸学研究室に所属する学生の研究対象は多岐に渡っています。文芸学は「文芸学という学問自体がどのような学問であるべきか」という問いを内在する学問でもあります。文芸学の名の下で取り組む一人一人の研究が、文芸学という学問を発展させていくという側面があり、研究室では日々切磋琢磨がなされています。

教員紹介

教授 高安啓介准教授 渡辺浩司准教授 田中均

講師 西井奨

教授 高安啓介

たかやす けいすけ
美学/芸術学
デザイン論
近代工芸および近代デザインの展開、現代デザインの諸傾向、農と食のデザイン、視覚伝達論、タイポグラフィ研究
p_takayasu
メッセージ
 今日ますます芸術を定義するのがむつかしいのは、芸術の外周がはっきりしないからでしょう。ならば、芸術をその周縁から考えるのは有効な方法であり、既存の芸術ジャンルに縛られない美学らしい仕事だと言えます。わたしがデザイン研究に力を入れる理由もそこにあります。陶芸・衣服・家具・展示・建築・景観・印刷・映像など、芸術かどうか際どいからこそ取り組んでみる価値があるのです。新しい取り組みに触れながら、芸術のフロンティアを開拓してみませんか。

2019年 8月更新

准教授 渡辺浩司

わたなべ こうじ
文芸学/西洋古典学
古代ギリシア・ローマの詩学と弁論術、および弁論術から美学への変容                                       
p_watanabe2017
メッセージ
  詩学と弁論術を研究しています。日本ではあまり聞いたことがない学問かもしれませんが、西洋においては古代ギリシア・ローマからの長い伝統を持っています。内容も、悲劇や喜劇、叙事詩についての考察や、修辞や文章構成法、記憶術、崇高論など多岐にわたっています。意外に面白いです。

2018年 8月更新

准教授 田中均

たなか ひとし
美学/芸術理論/西洋近代の美学史
ドイツ語圏を中心とする西洋近代の美学史(とりわけロマン主義の芸術理論)/芸術における「参加」の理論。
p_tanaka
メッセージ
 こんな決まり文句を聞いたことはないでしょうか。例えば、「芸術を鑑賞すると心が豊かになる」とか、「芸術を鑑賞するためには、知識よりも生き生きした感性が必要だ」とか。さらに、「芸術には世界や人生の真実が表現されている」とか、「社会は(今こそ)芸術を必要としている」と言う人もいます。これらはもっともらしく聞こえますが、根拠が不確かで、かえってものの見方を狭めかねません。こうした固定観念から解放されること、これが美学を学ぶ一番の効用だと私は考えます。

2018年 8月更新

講師 西井奨

にしい しょう
文芸学/西洋古典学/ラテン文学
ラテン文学(文芸)作品におけるギリシア・ローマ神話の表象およびラテン詩人の文芸論。
p_nishii
メッセージ
  ギリシア語とラテン語を専門的に学び、特にラテン詩人オウィディウスの作品研究を学部生の頃から続けてきた。この研究を通じて、多少なりとも、文芸学が目指すところの「芸術としての文学の本質の解明」に近付くことができたように感じている。文芸学ではどの言語・地域・時代・ジャンルの作品でも研究の対象とすることができる。しかし、もし原典が外国語で書かれた作品を研究対象に選ぶのなら、翻訳でなく原典で読むための努力を欠かしてはならない。

2018年 4月更新