パーソナルツール

現在位置: ホーム / 入試・入学案内 / 大学院関係入試 / 入学試験の種類 / 修士課程入試について

修士課程入試について

文学研究科の修士課程の入学試験には、次の3つの種別があります。

  • 修士課程 一般選抜
  • 修士課程 社会人特別選抜
  • 修士課程 外国人留学生選抜

修士課程は、急激に変容する現代社会の文化的諸問題に適切に対処しうる人文学の素養と高度の言語能力を備えた高度専門職業人を養成することを目的としています。また学校教員等のリカレント教育にもかかわっています。修士課程修了後の進路としては、教育、放送、出版、文化事業、文化行政等に関わる職業を想定しています。したがって、修士課程の院生は、社会の複雑な諸問題を人文諸学への深い知見をもった分野横断的でかつ柔軟な発想によって適切に解決する方法を見出しうる能力が求められます。そのために、修士課程の入試では、広域諸分野の研究をするのに必要な能力・適性・基礎知識や研究に必要な外国語の能力等が問われます。

一般選抜

日本の大学の学部卒業見込みの者ならびに既卒者、学位授与機構からの学士号取得予定の者ならびに既取得者を対象にしています。入試は、秋期(9月) と春期(2月)に分けて行われます。入学志願者は、どちらか何れか、または両方を受験することができます。秋期試験は、外国語試験、コースの専門試験、口頭試験のほか、卒業論文(制作)(またはそれに代わる論文(作品))、もしくは研究概要も、選考の重要な材料となります。これに対して春期試験は、コースの専門試験、口頭試験、及び卒業論文(制作)(またはそれに代わる論文(作品))が選考材料として重視されます。

社会人特別選抜

多様化する現在社会において、高度な専門知識を備えた職業人の需要や社会人の生涯学習への意欲が高まっています。本修士課程では、このような需要や学習意欲の高まりを受けて、社会人特別選抜入試を実施しています。出願資格は、学部卒業後3年以上社会人経験を有していること、あるいは学位授与機構からの学士号取得者で、3年以上の社会人経験を有していることです。

社会人としての活動が修士課程を受験するにふさわしいものかどうかを判断するために、受験者は「出願趣意書」を提出しなければなりません。コースに関連する論文の提出も必要です。専門試験には、研究に必要とされる外国語の能力試験を含めているコースもあります。なお、出願の時点および入学後も在職かどうかは問われません。

外国人留学生選抜

募集要項に記載されている受験資格を満たす外国人留学生で、本学文学部を卒業予定(または既卒)の者、あるいは原則として本学部・研究科の研究生として半年以上在籍した者を対象にしています。外国語試験の代わりに日本語試験が課せられます。また、専門試験の内容が日本人の受験者と異なる場合があります。

学生募集要項

平成30(2018)年度大阪大学大学院文学研究科 修士課程 学生募集要項(一般選抜・社会人特別選抜・外国人留学生選抜)

※入学願書等必要書類は掲載していませんので、「資料請求」によりお取り寄せください。

※「博士前期課程」に出願しようとされる方は、「博士前期課程学生募集要項」をご覧ください。