藤田治彦教授:トークイベント出演のお知らせ

  • 全般
2015年3月10日
  • 文学部・文学研究科をめざす方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生・修了生の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ

トークイベント:「宇宙図」 -人は宇宙をどう描いてきたか-

このイベントは終了しています。

大阪大学での日本天文学会春季年会の開催に合わせ、3月18日~19日に実施される一般向けイベントです。申込など詳細は こちら

異分野の専門家が集まって、ざっくばらんに宇宙について語り合う 宇宙図 対談シリーズ。今回は大阪中之島での開催です。 ゲストは、美学を専門とされる大阪大学教授の藤田治彦先生。 天体の図像学 」などの著作のある先生とともに、宇宙図制作員会の美術家小阪淳さん、コピーライター片桐暁さん、そして日本天文学会年会のために大阪に集まっている天文学者らが、宇宙について語り合います。

今回のテーマは、宇宙を描く、ということ。古来、人々は太陽や月、星などの天体や、さまざまな天文現象に意味を見いだし、あるいは持たせ、私たちの世界観 の中に取り込んで来ました。これまでの美術の歴史における天体の扱いを知ると共に、現代天文学が切り拓いた宇宙の姿が、今後どのような形で人々の世界観の 中に取り込まれていくのか等、自由に議論していきたいと思います。

登壇者:
小阪 淳 氏(美術家)
片桐 暁 氏(コピーライター)
藤田 治彦 氏(大阪大学文学研究科 教授)
司会:
内藤 誠一郎 氏(国立天文台 広報普及員)
項目 内容
日時 2015年3月18日
19時00分 から 21時00分 まで
会場 大阪市中央公会堂(大阪府大阪市北区)
主催者 計算基礎科学連携拠点
補足事項 共催:天文学普及プロジェクト「天プラ」_x000D_ 協力:学術コミュニケーション支援機構