パーソナルツール

ドイツ文学

この専門分野では、ドイツ語が汎用言語として流通していた歴史の長い中東欧地域を対象とし、その多様な文学現象・文化現象を研究します。そのために、まずなによりドイツ語テクストを精密に理解・分析する力を養ういっぽう、思想史・社会史・メディア史といった問題領域との関連を重視する、文学研究の新しいすがたを探求しています。

現在のスタッフは、思想史や美術史、音楽学といった隣接する分野の研究者との積極的な交流を重視し、学内外のさまざまな共同研究に参画しています。今後とも、ドイツ語文化を基軸に据えつつ、研究の社会的広がりを重んじていきます。

教員紹介

教授 三谷研爾 准教授 吉田耕太郎 特任講師 C.Telge

教授 三谷研爾

みたに けんじ
1961年生。1987年、大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。博士(文学、大阪大学)。大阪府立大学助手、講師、大阪大学准教授をへて2008年4月から現職。
専攻:ドイツ、オーストリア文学および文化研究
p_mitani
研究紹介
カフカに導かれて始まった私の研究は、一方では現代批評や物語理論へ、もう一方ではウィーンやプラハなどの中欧地域の都市文化研究へと展開してきました。ここしばらくのテーマは、典型的な多民族都市だった世紀転換期のプラハを対象に、近代都市の空間がどのように形成され、また表現されたかを検討することです。この先にはさらに、絵画や写真といったビジュアルな媒体と文学テクストの関係という問題が浮上してきそうです。さらに、近代日本におけるドイツ文化受容というテーマも、歴史社会学の成果をふまえて、いずれ本格的に手がけてみたいと考えています。
メッセージ
もっとも広い意味での文学とは、視覚メディア(絵画や映像など)、聴覚メディア(音楽など)とならぶ、人間の経験を表現・伝達する有力なメディア=言語にかかわる現象の総体だと言えます。そこには、そうした表現のディテールを生み出した、地域や時代に固有の思考や記憶が深く刻みこまれていますし、そうであればこそ読者のあいだを広範囲に流通して、社会全体の意識を方向づける作用を発揮したケースも少なくありません。このようなメカニズムを掘り起こしていくとき、歴史学や社会学、哲学や美学とも相互に乗入れる新しい文学研究の、豊かな鉱脈が見えてくるはず。探索作業をともにする愉快で、野心的な仲間を待っています。
主要業績
『幻想のディスクール―ロマン派以降のドイツ文学』鳥影社(共編著、1994);『科学思想の系譜学』ミネルヴァ書房(共著、1994);アンダーソン『カフカの衣装』高科書店(共訳、1997);『中欧―その変奏』鳥影社(共編著、1998);『視覚と近代』名古屋大学出版会(共著、1999);『世紀転換期のプラハ』三元社(単著、2010)
概説・一般書
『ドイツ文化史への招待 芸術と社会のあいだ』大阪大学出版会(編著、2007)

2016年 11月更新

准教授 吉田耕太郎

よしだ こうたろう
1970年生まれ。東京外国語大学外国語学部(ドイツ語学科)卒。2007年、東京外国語大学地域文化研究科博士後期課程単位取得退学。学術修士(東京外国語大学)。京都外国語大学、立命館大学、京都大学人文科学研究所等での非常勤講師を経て、2009年4月より現職。
専攻:ドイツ文化史・思想史。
研究紹介
18世紀ドイツ語圏の文化や思想について研究しています。当時の雑誌や新聞などの活字メディアを手がかりに18世紀が直面していた問題をひとつひとつ確認しながら、小説や戯曲などの文学作品を読み直す作業を続けています。ここ数年は児童文学というジャンルの成立について調べています。
メッセージ
横断的または脱領域的という言葉が、一時期もてはやされましたが、文学作品の鑑賞に厚みをくわえ、ひとつの研究へと深化させるためには、法制史、経済史、宗教史、美術史などなど、興味のおもむくままに関連する領域を渉猟することも必要になるのではないでしょうか。このような知的探求を実現するための刺激と環境を、提供したいと思っています。
主要業績
「不安としての少女―少女像の誕生とその歴史的意味についての考察」(『少女のイメージ―18世紀の場合』、日本独文学会研究叢書、2008年);Reiseführer im 18. Jahrhundert. - Kulturelle Hintergründe und Nachwirkungen des enzyklopädischen Reiseführers(Reise - und Migrationsliteratur - Kulturanthropologische Perspektiven、日本独文学会研究叢書、2007年)
概説・一般書
『学びのシラバス』萌書房(共著、2009年);『ドイツ文化史への招待』大阪大学出版会(共著、2008年)

2016年 11月更新

特任講師(常勤) Claus Telge

クラウス・テルゲ
Literatur- und Kulturwissenschaftler. Studium der Fächer Angewandte Sprachwissenschaft, Literatur und ästhetische Kommunikation und Politikwissenschaft an der Universität Hildesheim und der Universidad de Valladolid (M. A. 2007). Promotion an der Universität Leipzig und der University of Arizona (Dr. phil./Ph.D. 2015). Von 2009-2010 Teaching Assistant am Department of German Studies der University of Arizona. Promotionsstipendium der Studienstiftung des deutschen Volkes (2009-2013). Von 2013-2015 wissenschaftlicher Mitarbeiter am Institut für Germanistik der Universität Leipzig; seit 2015 Associate Professor für Neuere Deutsche Literatur am Institut für Germanistik der Universität Osaka.
専攻:ドイツ近現代文学。
p_telge
研究紹介
Forschungsschwerpunkte: Theorie und Praxis der Übersetzung / Performativitäts- und Intermedialitätstheorien / Postkoloniale Literaturen / Forschungsprojekt zur deutschsprachigen Gegenwartslyrik (gefördert durch die Japan Society for the Promotion of Science, Principal Investigator)
メッセージ
I enjoy being in the classroom, both to teach German literature and language and to explore fundamental questions about culture, communication and translation with students. Courses I have developed and teach include Translation Theory, Performance and Performativity, Approaches to World Literature and Contemporary German Poetry.
主要業績

Ausgewählte Publikationen:

„Brüderliche Egoisten“. Die Gedichtübersetzungen aus dem Spanischen von Erich Arendt und Hans Magnus Enzensberger (Dissertation), Heidelberg 2017.

„in sich verschlungen sind wir manchmal redundant“. Ann Cottens Spiel mit der Sprach-DNA, in: Eva Binder, Sieglinde Klettenhammer und Birgit Mertz-Baumgartner (Hgg.), Lyrik transkulturell, Würzburg 2016, S. 91–107.

Erste Sätze. Christoph Ransmayrs zyklisch-serielle Ursprünglichkeit, in: Variations 24 (2016), S. 165–174

The Divided Poet. Translations of Pablo Neruda into German by Erich Arendt and Hans Magnus Enzensberger, Romance Studies 30 (2012), S. 130–145.

Re-Imagining the Notion of Home. Metaphors of Memory in the Poetry of Ranjit Hoskoté, in: Francis Jarman (Hg.): Culture and Identity, Maryland 2012, S. 125–147.

概説・一般書

2017年 10月更新

大学院専門分野・コース紹介一覧に戻る