パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 研究科専門分野・コース紹介 / 音楽学・演劇学

音楽学・演劇学

音楽学も演劇学もともに我が国の総合大学の中に位置づけられているという点で数少ない存在です。ともに音楽文化、演劇文化全般を広く扱い、いわゆる「クラシック」音楽や民族音楽から日本古典音楽、ポップ・ミュージックまで、また西欧演劇や日本古典演劇からミュージカルやバレエまで、それらを広く表演芸術(パフォーミング・アーツ)としてとらえて、音楽史演劇史的にはもちろん、人類学や社会学また美学や文学などの隣接諸科学との関係の中で研究を進めています。ここには多くの大学院生が所属しており、それぞれの専門領域の研究に熱心に取り組んでいます。専門領域や知的背景を異にする多くの院生たちは、日々の講義や演習を通して互いに刺激しあい、学会での口頭発表や論文執筆をする一方で、それぞれにコンサートや演劇上演など実際に関わる機会も少なくなく、研究の社会的広がりを常に念頭において活動しています。

教員紹介

教授 永田靖 教授 伊東信宏 准教授 輪島裕介 准教授 中尾薫 准教授 古後奈緒子

教授 永田靖

ながた やすし
1957年生。1981年上智大学外国語学部ロシア語学科年卒業,1988年明治大学大学院文学研究科演劇学専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、明治大学人文科学研究所客員研究員、鳥取女子短期大学助教授を経て、1996年から現職。
専攻:演劇学
研究紹介
現代の演劇理論を土台にして、20世紀におけるモダン・シアターの展開過程を歴史的理論的に究明しています。とりわけ、ヨーロッパの近代演劇とロシア、日本との間の演劇的な接触現象に興味があり、現在は、ロシア及び日本のモダニズム以降の演劇のアジア的様態を、アジアの演劇研究者との共同研究を通じて解明しています。他方、パフォーマンス・スタディーズとドラマ研究の統合にも関心があり、演劇理論の現代的展開にも強い関心をもっています。
メッセージ
世界中の演劇の遺産は多大なものがありますが、残念ながらそれらを鑑賞することは、例えば絵画や文学のようにはできないのが、演劇研究の面白いところです。現在上演されている演劇も、上演が終われば基本的には過去のものになってしまいます。そんな過去の中にしかない演劇という把え難い芸術に、研究を通して未来の人間の姿を読み取ることは、知的な興奮を覚えることだと思います。
主要業績
Adapting Chekhov: The Text and its Mutations, Routledge, 共著2012 ;The Local Meets the Global in Performance, Cambridge, 共著2010 ;Theatre and Democracy, coauther, Rawat Publishers., 共著2008 ;『アヴァンギャルドの世紀』(共著、宇佐美斉編京都大学人文科学研究所研究報告、京都大学学術出版会、2001);『日本の芸術論』(共著、ミネルヴァ書房、2000);『演劇論の現在』(共著、西洋比較演劇研究会編、白凰社、 1999); 『ヨーロッパ演劇の変貌―ゲオルグⅡ世からストレーレルへ』(共著、山内登美雄編明治大学人文科学研究所叢書、白凰社、1994)
概説・一般書
『演劇論の変貌』(共訳、論創社、2007);『演劇学のキーワーズ』(共著、ぺりかん社、2007);『20世紀の戯曲Ⅲ』(共著、社会評論社、2005);『セルゲイ・パラジャーノフ』(共訳、国文社、1998);『ポストモダン文化のパフォーマンス』(共訳、国文社、1989);『アンドレイ・タルコフスキー:映像の探究』P・グリーン著(共訳、国文社、1994);『現代思想を読む辞典』(共著、講談社、1988);『格闘する現代思想』(共著、講談社1992);『シネアストの現在』(共著、洋泉社、1990)

2016年 11月更新

教授 伊東信宏

いとう のぶひろ
1960年、京都市生まれ。大阪大学文学部美学科(音楽学)卒業。同大学院修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、リスト音楽院(ハンガリー)客員研究員などを経て、1993年、大阪教育大学助教授。2004年、大阪大学助教授(後、准教授)、2010年4月より現職。
専攻:音楽学
p_ito
研究紹介
⑴20世紀ハンガリーの作曲家、バルトークの民俗音楽調査、研究について(下記業績の新書『バルトーク』など)。そして、そのような民俗旋律を素材とした編曲の研究(下記『バルトークの民俗音楽編曲』)。 ⑵中東欧の村の楽師の音楽に関する研究。こちらは、だんだん南下し、今はブルガリアの大衆音楽にハマっています(下記『中東欧音楽の回路』など)。 ⑶東欧から見たハイドン(下記『ハイドンのエステルハージ・ソナタを読む』)。そこから派生した鍵盤楽器の歴史などについても関心あり。 ⑷計画中の研究は、東欧からみたリゲティ。
メッセージ
「音楽学」というのは、とても魅力的で、同時に非常に要求の多い学問です。対象とする文化の言葉を学ばねばならないのは当然ですが、それ以外にその文化の音楽実践を習得せねばなりませんし(楽器を演奏するとか、特殊な発声で歌うとか)、その記譜法や、その対象にふさわしい分析のやり方にも通暁せねばなりません。音楽学は、そういう苦労をしてでも取り組んでみる価値と魅力を持っている、と信じています。阪大の音楽学研究室は、そういう音楽学を本格的に専攻できる数少ない場の一つです。
主要業績
著書『バルトーク』(中公新書、1997年、吉田秀和賞受賞)。著書『ハイドンのエステルハージ・ソナタを読む』(春秋社、2003年)。著書『中東欧音楽の回路:ロマ・クレズマー・20世紀の前衛』(岩波書店、2009年、サントリー学芸賞、木村重信民族藝術学会賞受賞)。「バルトークの民俗音楽編曲」(大阪大学出版会、2012年)。論文“Az utolsó hiányizó láncszemek: Bartók, Negyvennégy duó, 8.Sz. - a“ Tót nóta” eredeti népzenei forrása”, in Parlando 50(2008)/6, pp.7-10.など。
概説・一般書
編著『ピアノはいつピアノになったか?』(大阪大学出版会、2007年)。楽譜『バルトーク集』第1~7巻(春秋社、2003 ~ 2008年、「序」「作品解説」を担当)。論考「『チャルガ』に夢中」(日本室内楽振興財団機関誌『奏』27、2007年)、論考「村上春樹『1Q84』:物語の中の《シンフォニエッタ》」(『音楽の友』平成21年8月号)など。その他に朝日新聞紙上で演奏会評、NHK-FMで「ブラボー・オーケストラ」のコメンテータを担当。

2016年 11月更新

准教授 輪島裕介

わじま ゆうすけ
1974年生。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程単位修得退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、国立音楽大学ほか非常勤講師を経て、2011年4月より現職。
専攻:音楽学
p_wajima
研究紹介
民族音楽学・ポピュラー音楽研究。特に非西洋地域の大衆音楽について。現在の主要な関心はレコード産業成立以降の近代日本の音楽で、2010年に「演歌」というジャンルの形成についての著書を刊行しました。元々はブラジル北東部のアフロ系音楽について、ローカル/グローバルの相関という観点から研究してきました。最近は、現代日本のポップ・カルチャーの海外での受容や、ヨーロッパ・南米・アフリカ(場合によってはアジア)を結んで近年形成されつつある「ポルトガル語圏」音楽にも興味を持っています。
メッセージ
大衆音楽は、それぞれの地域・時代の社会構造やメディア編制や文化的価値体系のなかで、常に揺れ動いています。こうした「ナマモノ」を扱うには、相応の道具立てとそれを使いこなす知恵と技術が必要です。ポピュラー音楽研究は若い学問分野ですし、民族音楽学が「近代」を問題にしはじめたのも最近です。必然的に隣接領域からの「借り物」が多くなります。そして、借りたものは返す必要があります。生産的で知的な貸し借りを行ううえで、総合大学の文学部という環境は非常に望ましいものであると信じています。
主要業績
『創られた「日本の心」神話』(光文社新書、2010年、サントリー学芸賞受賞)、「クラシック音楽の語られ方」(渡辺裕・増田聡ほか『クラシック音楽の政治学』青弓社、2005年)、「音楽のグローバライゼーションとローカルなエージェンシー」(『美学芸術学研究』第20号、2002年)、「日本のワールド・ミュージック言説における文化ナショナリズム傾向」(『美学』第52巻4号、2002年)、「音楽による民族=地域的『文化』の創出―ブラジル・サルヴァドールの事例から」(『美学』第50巻4号、2000年)。
概説書・一般書
事典項目「現代の民族音楽学」「日本のワールドミュージック」「祝祭文化の政治性」(『事典・世界音楽の本』岩波書店、2007年)、事典項目「ライブ」「ワールドミュージック」(『音の百科事典』丸善出版、2006年)、論考「『はっぴいえんど神話』の構築」(『ユリイカ』2004年9月号)、論考「100%NEGRO?:現代ブラジルにおける『アフロ・アイデンティティ』の諸相」(『季刊エクスムジカ』第4号、2001年)。

2016年 11月更新

准教授 中尾薫

なかお かおる
1978年生。2001年、奈良女子大学文学部言語文化学科日本アジア言語文化学卒業、2008年、大阪大学大学院文学研究科(演劇学)博士後期課程修了。博士(文学)。2009年、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手。2011年、大阪大学大学院文学研究科専任講師を経て、2014年4月より現職。
専攻:演劇学、能楽研究。
p_nakao
研究紹介
とくに江戸時代中期、十五世観世大夫元章の能楽改革〈明和の改正〉の分析、とくに田安宗武の影響についての考察。これは修論から追いかけているテーマで、わたしのライフワークです。最近は、明治・大正期における能楽の近代化や能楽改良の諸問題について、そのほか無形文化遺産としての能と昆劇の比較研究、能の身体技法についても手をひろげて研究をしていますが、最終的には、江戸幕府時代における能楽の発達史・沿革史に帰っていきたいと考えています。
メッセージ
伝統芸能を研究していると、 重層的な過去という地層の上に現在の事象があることを痛感します。そして、それぞれの環境やかかわった先人たちの創意工夫の異相性とともに、時代を経ても 変わらない核のようなものを発見・認識できたとき、そこには未来への指針が隠されているように思います。芸能という形態によって結実する人間の営みをひもとき、その意義を解明し伝えられるように、みなさんと一緒に修練していきたいと考えています。
主要業績
【共著】泉紀子編『新作能 マクベス』(2015年、和泉書院)、松岡心平編『観世元章の世界』(2014年、檜書店)、【論文】「福王流平岡家一門の素謡番組―近代における京都素謡会の片鱗―」(『謡を楽しむ文化―京都の謡の風景』2016年10月)など。
概説書・一般書
「観世文庫の文書85 観世正宗極并伝来書」(『観世』83巻4号、巻頭、2016年4月)、「観世元章の革新と明和改正謡本」(『国立能楽堂』383号、2015年7月)、「能《実盛》と老後の思い出」(『廣田鑑賞会能』パンフレット2015年10月)な ど。

2017年 8月更新

大学院専門分野・コース紹介一覧に戻る