パーソナルツール

東洋史学

阪大東洋史が世界の東洋史学界の中で重きをなす研究領域は、近世・近代の中国史、前近代の内陸アジア史、そして中・近世の東南アジア・海域アジア史である。いずれの領域の教員も漢文文献を根本史料にしながら、現地語史料とフィールドワークの成果を合わせた研究を行い、院生たちにもそれを指導している。

本専門分野の教育の中で最も特徴あるものは、「合同演習」と通称され、教員から学部学生まで専門分野に所属する全員が出席を義務づけられている演習である。大学院後期課程学生は、年度当初に東洋史学史・漢文史料・工具書等について入門講義に類する報告を分担し、学部生を裨益すると同時に、自らが教職についた時のための訓練を行う。そしてそれとは別に、最低毎年一回は高度の研究報告を行う。前期課程学生も年一回の研究報告が求められるが、修士論文作成年次の学生には、年二回の修士論文関連報告の機会が与えられ、助言や質問を得る場となる。全員がこの合同演習に出席するということは、広大な領域にまたがり、時代も古代から近現代にわたる東洋史全般の発表を聞くということで、ともすれば狭い専門に閉じこもるのを打破する効果がある。合同演習は教員まで含めて切磋琢磨の場である。

大学院に進学する者は、この合同演習に学部時代から大学院修了まで積極的に出席し続けることによって、幅広い知識と関心を持った研究者・高度職業人に育っていくし、学部だけで卒業していく者にとっても、歴史学の現状、学問の厳しさと奥深さとを肌で感じながら、プレゼンテーションの訓練を積むことができ、教育効果も絶大である。

教員紹介

教授 片山剛 教授 荒川正晴 教授 桃木至朗

准教授 松井太 准教授 田口宏二朗

教授 片山剛

かたやま つよし
1952年生。1981年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。文学修士(東京大学)。1981年高知大学人文学部講師、1984年同助教授、1989年大阪大学文学部助教授、1996年同教授を経て、1998年4月より大学院文学研究科教授。2018年3月退職予定。
専攻:中国近世/近代史
研究紹介
14〜20世紀の華南、主に広東省を対象に、文字・地図史料の解析と、現地調査での実見や老農民からのヒアリングとを併用して、リアルな像を伴った農村社会史の構築に努めている。具体的には、地域の社会・文化の特質と本格的農地開発の仕方・時期との関係、言説と史実の対比からうかびあがってくる地域社会の形成・変容のダイナミックな動き、等から中国史の謎を解明中。近年は、近代中国土地調査事業史研究にもとりくみ、近代的な技術や土地制度の中国的な受容のあり方についても考察中。
メッセージ
黄河文明は数千年の歴史をもつが、文明の発祥・持続・展開の理由については多くの謎があります。謎の歴史的解明には、まず文字史料の正確な解読が必要です。しかし、リアルな歴史像を構築して謎の本質に迫るには、自己と自己をとりまく同時代の諸事象(恋愛・失恋から国際政治・経済まで)に対する鋭敏な感性、および人文・社会・自然の諸学を動員した多角的構想力も必要です。「思いつき」を、説得力ある「構想」に鍛えていくのが大学院の「研究」です。研究を通じて“個”としてのオリジナリティと、同学との切磋琢磨による“類的存在”としての協働性とを認識できます。
主要業績
『近代東アジア土地調査事業研究』大阪大学出版会(編著、2017.2);「20世紀前半、長江中洲の開発をめぐる社会史:南京江心洲の場合」『長江流域社会の歴史景観』京都大学人文科学研究所(2013.10);「近世・近代 広東珠江デルタの由緒言説について」『由緒の比較史』青木書店(2010.5);「自然の領有における階層構造:字(あざ)の世界と一筆耕地の世界」『20世紀中国の社会システム』京都大学人文科学研究所(2009.6)
概説・一般書
『フィールドワークを歩く――文科系研究者の知識と経験』嵯峨野書院(共著、1996.6);『流動する民族――中国南部の移住とエスニシティ』平凡社(共著、2001.4);『現代中国に関する13の問い――中国地域研究講義』大阪大学中国文化フォーラム(共著、2013.3)

2017年 8月更新

教授 荒川正晴

あらかわ まさはる
1955年生。1986年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。文学博士(大阪大学)。早稲田大学非常勤講師、大阪大学文学部助教授を経て、2001年4月より現職。(財)東洋文庫研究員。
専攻:中央アジア古代史
p_arakawa2016
研究紹介
人は移動する生き物です。こうした人の移動が、政治・経済・文化・社会に如何なるインパクトを与えてきたのか、これを歴史学の視点から検討しています。これまでトゥルファンをはじめとする中央アジア出土の古文書資料を利用して、唐の帝国支配を支えた交通システムの問題や、そのシステムを利用したソグド商人の交易活動について研究してきました。現在、「現世」から「来世」への移動の問題として、トゥルファンや華北に生きた漢人たちの仏教信仰と冥界観の変遷の問題とも取り組んでいます。
メッセージ
私が研究対象としている中央アジア(東トルキスタン)は、現在、中国の少数民族自治区となっています。それに伴い中国で語られる中央アジア史の像は、日本でのそれと共有する部分とまったく相違する部分とが混在しています。歴史は、それを語る人によって造られていることを実感しますが、どうしてそのような異同が生まれているのかについても、関心を注いで欲しいと思っています。
主要業績
「唐朝の交通システム」『大阪大学大学院文学研究科紀要』40(2000); 「トゥルファン漢人の冥界観と仏教信仰」『中央アジア出土文物論叢』 朋友書店(2004);「遊牧国家とオアシス国家の共生関係」『東洋史研究』67-2(2008);“Sogdians and the Royal House of Ch’ü in the Kao-ch’ang Kingdom”, Acta Asiatica (Bulletin of The Institute of Eastern Culture), 94(2008);『ユーラシアの交通・交易と唐帝国』名古屋大学出版会(2010)
概説・一般書
『オアシス国家とキャラヴァン交易』山川出版社(2003);「オアシス国家ホータン点描」『NHKスペシャル 新シルクロード』2(草原の道・タクラマカン)日本放送出版協会(2005);「唐代の交通と商人の交易活動」『古代東アジアの道路と交通』勉誠出版(2011)

2016年 11月更新

教授 桃木至朗

ももき しろう
1955年生。京都大学文学部卒、同大学院文学研究科単位取得退学。論文博士(文学、広島大学)。大阪外国語大学専任講師(ベトナム語)、大阪大学教養部助教授、同文学部助教授(いずれも東洋史学)などを経て2001年から現職(2010~12年度はコミュニケーションデザイン・センターと兼任)。現在、日本学術会議史学委員会連携会員。
専攻:東南アジア史/アジア海域史/歴史教育。
p_momoki
研究紹介
院生時代からの本来の専門は中近世ベトナムを中心とした東南アジア史・東南アジア地域研究だが、1990年代から中国史、日本史、東南アジア史などの枠をこえた海域アジア史の構築、2003年以降は歴史学の評論・解説と歴史教育の刷新などにも取り組んでいる。現在のおもな研究テーマは、中世ベトナムの都城、山地の歴史、東北・東南アジアの小帝国群にとっての中・近世のグローバルヒストリー、世界史教育と史学概論再建のための評論・解説・教材作成、東南アジア史研究における高校・大学教育の接続など。
メッセージ
どの研究領域でも努力さえすれば、研究水準の絶対値はプラスにできる。だが、従来の「メジャーで安全な」領域の多くにおいて、学界や社会全体にとっての費用対効果はマイナスに陥っている。他方、2010年の建都1000年祭をへて平城宮保存の経験に学びつつタンロン皇城遺跡の保存をはかるハノイでは、日本側に専門知識のあるベトナム語通訳が皆無なため、首相が約束した協力が難航している。大量の無駄な公共事業のカゲで本当に必要なものが不足するのと同じ構造が、私の研究領域のどこでも見られる。これに怒る院生を私は求める。
主要業績

『海域アジア史研究入門』岩波書店(共編著、2008);『中世大越国家の成立と変容』大阪大学出版会(2011);“Local Rule of Đại Việt under the Lý dynasty: Evolution of a Charter Polity after the Tang-Song Transition in East Asia”, The Asian Review of World History 1(1) (2013); Offshore Asia, Maritime Interactions in Eastern Asia before Steamships, Singapore: Institute of Southeast Asian Studies (共編著、2013)

概説・一般書
『歴史世界としての東南アジア』山川出版社(1996); 『ベトナムの事典』同朋舎(共編著、1999);『新版東南アジアを知る事典』平凡社(共編著、2008);『歴史学のフロンティア―地域から問い直す国 民国家史観―』大阪大学出版会(共編著、2008);『わかる歴史・面白い歴史・役に立つ歴史―歴史学と歴史教育の再生をめざして―』大阪大学出版会(2009);『新詳世界史B』帝国書院(共著、2012);『市民のための世界史』大阪大学出版会(共著、2014)

2016年 11月更新

准教授 松井 太

まつい だい
1969年生。1999年、大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)(大阪大学)。2001年弘前大学人文学部講師、2004年同助教授、2007年同准教授、2010年同教授。2015年4月より現職。(財)東洋文庫客員研究員、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員。
専攻:中央アジア史・モンゴル帝国史
p_matui
研究紹介
中国・新疆地域出土の古代ウイグル(古代トルコ)語・モンゴル語古文書資料を用いて中央アジアの歴史を研究している。主要なテーマは、13〜14世紀のモンゴル帝国時代の中央アジア・ウイグル社会における税役制度・文書行政システムを解明し、これをユーラシア東西におけるモンゴル支配に共時的に位置づけることである。また最近では、新疆・敦煌地域の諸仏教遺跡のフィールドワークを通じて、モンゴル帝国時代とその直前期におけるウイグル人の仏教信仰の様態や、巡礼圏・信仰圏の分析にも取り組んでいる。
メッセージ
古代〜中世の中央アジア史は、かつては「シルクロード」という雅称でロマンティックにイメージされてきたものでした。しかし、実際の古文書資料は、貪欲な大地主、酷薄な徴税役人、脱税対策に励む貧農など、ロマンとはおよそかけ離れた人々の日常をも示してくれます。一方、多言語の資料を比較分析することで、当時の「シルクロード」交易が確かに「グローバル世界史」を萌芽させていたことをも知り得ます。ロマンと現実、ミクロな社会とマクロな世界。いろいろな関心から「歴史の謎」に挑んでみませんか。
主要業績
「モンゴル時代の度量衡」『東方学』107(2004);Taxation Systems as Seen in the Uigur and Mongol Documents from Turfan: An Overview. Transactions of the International Conference of Eastern Studies 50(2005);Dating of the Old Uigur Administrative Orders from Turfan. VIII. International Turcology Congress: Books of Papers IV, Istanbul University(2014);「蒙元時代回鶻佛教徒和景教徒的網絡」『馬可・波羅 揚州 絲綢之路』(北京大学出版社,2016);『敦煌石窟多言語資料集成』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,2017, 共編著)
概説・一般書
「契丹とウイグルの関係」『契丹[遼]と10〜12 世紀の東部ユーラシア』勉誠出版(2013);「モンゴル時代の東西交易」『中国経済史』名古屋大学出版会(2013);「ソグドからウイグルへ」『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』勉誠出版(2014)

2017年 9月更新

准教授 田口宏二朗

たぐち こうじろう
1971年生。1999年、大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)(大阪大学)。2003年大阪大学文学研究科助手、2004年追手門学院大学文学部講師、2008年追手門学院大学国際教養学部准教授を経て、2012年4月より大阪大学大学院文学研究科准教授。
専攻:中国近世・近代史。
p_taguchi
研究紹介
14世紀以降の中国、特に首都北京近辺地域の農業経済と、大運河を通じて北京に物資を運びこむ政策=「漕運」について研究しています。このテーマは、「中国」における「南/北」という対立軸が構築される様態を分析するうえで、極めて重要だと考えます。最近は、たまたま台湾で出会った資料を使い、1930年代の南京における土地登記や不動産・金融の考察、および中国における「所有権」のあり方、というテーマにも手を拡げつつあります。
メッセージ
近年は、中華人民共和国の存在感増大と連動するかたちで、「中国」という語を発することにともなう緊張感も高まりつつあります。そしてわれわれは近代主義的・反近代主義的、そして純粋な「中国文化愛好者」的(あるいはその逆)といった、さまざまな言説に取り囲まれています。そのなかで、親中・反中といった出来合いのスタンスに回収されない自前の立ち位置を、日々の思考実験のなかで学生諸賢といっしょに見定めたい、このように考えています。
主要業績
「明代の漕糧と餘米」 『東洋史研究』64-3(2005);「明代河北の農業経済と大運河」 『東洋史研究』71-4(2013);「ハードボイルドな中国社会経済史」 『中国研究月報67-3(2013);「登記の時代」 『近現代中国における社会経済制度の再編』(京大人文科学研究所、2016)
概説・一般書
「燕京襍記(一)」『アジア観光学年報』8(2007);「「北京人」と「上海人」」『アジアの都市と農村』(和泉書院、2013)

2017年 9月更新

大学院専門分野・コース紹介一覧に戻る