パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 学部専修紹介 / 哲学・思想文化学

哲学・思想文化学

講義室でのゼミの様子哲学は諸学の基礎の基礎に位置する学問です。例えば、何かが「存在する」とはどういうことか。「意味する」とはどういうことか。意見が違うのに、違うということだけは一緒に確認できてしまうのはなぜか。根拠付けができたためしがないのに、なぜ現実は崩壊せず歴史は終わらないのか。そして、こんなことを問うているのは、心なのか脳なのか何なのか。哲学はこうした問題に取り組んできました。あまりに基礎的なので、現在でもこれに代わる分野は他にありません。

私たちの専修では、西洋の近世から現代までの哲学思想の研究を行っています。教員は全員古典と現代哲学思想の両方に通じ、専門領域をあわせるとドイツ系、フランス系、英米系のすべてをカバーしています。私たちは「なぜ」という疑問をとことん考えるための手ほどきと時間を提供し、助けます。

教員紹介

教授 舟場 保之  教授 望月 太郎 准教授 中村 征樹(兼)

准教授 嘉目 道人講師 三木 那由他

教授 舟場 保之

ふなば やすゆき
ドイツの近代/現代哲学
18世紀ドイツの哲学者カントおよび現代ドイツの哲学者ハーバーマス+アーレント、バトラーなど       
p_funaba
メッセージ
  現在、普遍主義や原理原則主義の評判は芳しくありませんが、これらが一度たりとも、理念としてすら採用されたことのない共同体においては、いまなお重要な視点を提供しうることに間違いはありません。200年以上も前に生きていたカントの考えと、現代を生きるハーバーマスの考え、またこれらに加えてアーレントやバトラーの考えを参照しつつ、共同体の強固なおきてにいかに対抗できるか、その方途を探求してゆきたいと考えています。

2021年 7月更新

教授 望月 太郎

もちづき たろう
西洋哲学/倫理学/哲学教育
発展途上国における教育開発のための哲学プラクティス                                                      
p_mochizuki2019.jpg
メッセージ
 日本-ASEAN グローバル哲学研究交流ラボラトリー(日本:大阪大学/タイ:チュラロンコン大学)を設置、これを拠点として東南アジアの発展途上国(カンボジア、ミャンマー)における教育開発のために哲学プラクティスをアウトリーチすることを研究と教育の課題としています。昨年度は、COVID-19パンデミックの影響で、現地で活動することができませんでしたが、オンラインで哲学ワークショップを開催するなど、新時代の取り組みを始めています。将来、国際機関やNGOで働きたい人、海外で活躍したい人は、ぜひ授業に参加してください。

2021年 7月更新

准教授 中村 征樹(兼)

なかむら まさき
科学技術社会論/科学技術史/科学技術コミュニケーション
科学技術をめぐる倫理的・社会的問題についての研究。市民の科学技術との付き合い方に関する研究。
p_nakamura2018.jpg
メッセージ
 新型コロナウイルス感染症は、専門的知見を社会がどのように受け止めればいいのか、専門家と政治はどのような関係を結ぶべきかなど、多くの問題を提起しました。また近年、AIの発展が私たちの生活に及ぼす影響についても多くの懸念が生じています。現代社会において無視することのできない科学技術をめぐる問題を考えるにあたって、人文・社会科学からのアプローチの重要性はこれまでになく高まっています。そのような問題について一緒に考えてみませんか。

2021年 7月更新

准教授 嘉目 道人

よしめ みちひと
近代ドイツ哲学/コミュニケーションの哲学                             
フィヒテおよびカントの哲学/超越論的語用論および討議倫理学。                   
p_yoshime2018.jpg
メッセージ
  言語に媒介された文化の相対性・多様性は、誰しも認めるところですが、しかし言語文化が多様であるという事実と、それらが共生すべきであるという規範はイコールではありません。その規範を正当化するためには、やはり共通の基盤が必要で、それは討議という制度だろうと考えます。この考えに基づいて、討議、ひいてはコミュニケーション一般が成立するための条件や、そこで前提となる真理や道徳などを、カントやフィヒテの哲学とも関連させながら研究しています。友好的かつ相互批判的な討議を行いましょう。

2020年 8月更新

講師 三木 那由他

みき なゆた
分析哲学/ 言語哲学                          
言語やコミュニケーションについて、英語圏の哲学者たちの議論を参照しつつ研究しています。
p_miki2020.jpg
メッセージ
  ひょっとしたらあまりなじみがないかもしれませんが、実は20世紀初頭に分析哲学という流派が起こり、だんだんと英語圏の国々に広まって、いまではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどで哲学が大いに盛んに研究されていたりします。言語、科学、真理、存在、知識など、いろいろなテーマが論じられています。分析哲学におけるそうした議論に関心を持たれたかたは、ぜひ一緒に勉強していきましょう。

2020年 11月更新

学部専修紹介一覧に戻る