パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 文学部 / カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

大阪大学は、学位授与の方針に掲げる知識・技能などを修得させるために、共通教育系科目、専門教育系科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講します。

 

この大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、文学部は以下の方針でカリキュラムを編成します。

1.  4年間の学士課程を通して全学共通教育科目等を履修することにより、人文学を超えた様々な学問領域にわたる教養を身につけます。2年次以降の専門教育では、所属専修以外の専修で開講される科目ならびに学部共通の科目の履修により、幅広い人文学的教養を身につけます。

2.  全学共通教育科目の「外国語教育科目」と「国際教養科目」の履修により、2つ以上の外国語を学習し、異文化理解の能力を身につけます。専門教育では、文学部共通の「外国語による発信力を育成するための科目」、外国語文献を用いる演習、外国語による授業等を選択して履修し、外国語の運用能力を伸ばします。

3.  全学共通教育科目の「専門基礎教育科目」および専門教育科目の「文学部共通概説」の履修により、人文学の基本を習得します。2年次以降は、専修で開講される専門教育科目の講義と演習を履修して、当該分野の専門的知識を系統的に習得します。

4.  少人数双方向の演習科目の履修により、日本語ならびに外国語の文献資料の読解・分析の能力を養います。また特定テーマをめぐる報告・討論を通して、主体的に考究・発信する能力、コミュニケーション能力を伸ばし、学問研究の方法を習得します。

5.専門教育科目では、与えられた課題を十分に探究・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・発信する能力を、多様な方法で評価します。

6.最終年次には卒業論文の作成を課します。自主的に課題を設定し、その研究計画を構想・実行することで、人文学的教養と専門的学識を総合する豊かな論述・表現能力を養います。