パーソナルツール

日本文学

日本文学は、上代から、中古・中世・近世・近現代にいたる、各時代の日本の文学を研究の対象とする。個々の作品の詳細な読解をはじめとし、作家、時代思潮などについて、さまざまな方法によってアプローチし、これまでも大きな成果を得てきている。所属するのは、飯倉洋一教授(近世文学)、加藤洋介教授(中古文学)、斎藤理生准教授(近現代文学)、勢田道生准教授(中世文学)、山本嘉孝講師(漢文学)、新井由美助教(近代文学)で、このほか定期的に学外から非常勤講師を迎えている。

大阪大学国語国文学会の機関誌『語文』を年2回発行、大阪大学古代中世文学研究会では月1回の研究発表会と年2回の『詞林』の発行などを行い、大阪大学近代文学研究会では『阪大近代文学研究』を刊行している。上方文藝研究の会は学外の研究者とも連携して『上方文藝研究』を刊行している。

写真:2012年研究室旅行

教員紹介

教授 飯倉洋一 教授 加藤洋介 准教授 斎藤理生

准教授 勢田道生 講師 山本嘉孝

教授 飯倉洋一

いいくら よういち
1956年生。1985年九州大学大学院文学研究科博士課程中退。博士(文学)(九州大学、1998年)。九州大学助手・山口大学専任講師・同助教授・同教授・大阪大学助教授を経て、2004年4月より現職。
専攻:日本近世文学
研究紹介
上田秋成の言説を思想史的文脈において考察する試みから出発し、現在は秋成とその周辺の人物の作品を「人と人とを繋ぐ」機能をもつものとして考察しています。また近世の「奇談」と呼ばれた作品の特質、近世中後期の京坂文壇などにも関心があります。実証的な研究方法を基盤において、近世という時代に即した作家・作品の魅力を明らかにしたいと考えています。
メッセージ
近世文学研究の対象には、古典として認知されている有名な作品以外に、数限りない面白いテクストが存在し、その魅力の解明が待たれています。作品のみならず、人物・文壇・出版機構から学問・芸能にいたるまで、あらゆる文化事象が近世文学研究の対象です。それらは、人文系学問の持ちうるあらゆる問題意識に様々な示唆を与える豊饒な世界だと私は思います。
主要業績
『佚斎樗山集』(国書刊行会、1988);『秋成考』(翰林書房、2005);『秋成文学の生成』(共編、森話社、2008);「近世文学の一領域としての「奇談」」(『日本文学』61-10、2012)
概説・一般書
『読本【よみほん】事典』(分担執筆、笠間書院、2008);『上田秋成―絆としての文芸』(大阪大学出版会、2012);『なにわ古書肆鹿田松雲堂五代のあゆみ』(共編、和泉書院、2012)

2016年 11月更新

教授 加藤洋介

かとう ようすけ
1962年生。1989年名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程中退。文学修士。国文学研究資料館助手、愛知県立女子短期大学・愛知県立大学講師、同助教授、同教授、大阪大学准教授を経て、2010年10月より現職。
専攻:日本平安文学
p_katouyou
研究紹介
源氏物語の文献学および注釈史を中心に研究を続けていますが、そこから派生して中世の歌人である藤原定家が携わった写本(自筆あるいは加筆、またはそこから写されていった後代の写本群)全般、あるいは古今和歌集や伊勢物語の文献学にも目を向けています。平安時代に成立した文学作品には、著者や編者による自筆資料が現存することはめったにありません。時代により作品の本文は流動し、変化していました。その具体的な様相を明らかにしたいと思っています。
メッセージ
ふだんは意識すらしない「常識」的なことがらでも、より深く、より根源から問い直してみると、その「常識」が揺らいでくることも珍しいことではありません。わたしは日本の古典文学という古いものを研究対象としていますが、対象に向かう姿勢は常に柔軟でありたいと思っています。研究室にはしなやかな感性と旺盛な意欲を持った学生が集っています。皆さんもその場に加わってみませんか。
主要業績

『河内本源氏物語校異集成』(風間書房、 2001);「定家本源氏物語の復原とその限界」(『国語と国文学』82巻5号、2005);「建仁二年定家本伊勢物語の復原」(『中古文学』第79号、2007);「大島本源氏物語の本文成立事情―若菜下巻の場合―」(『大島本源氏物語の再検討』、2009);「本文研究の可能性―定家本源氏物語の場合―」(『国語と国文学』82巻5号、2014);『伊勢物語校異集成』(和泉書院、2016)

概説・一般書
『源氏物語(絵入)〔承応版本〕CD-ROM』(共著、岩波書店、1999)

2017年 9月更新

准教授 斎藤理生

さいとう まさお
1975年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)(大阪大学、2004年)。群馬大学教育学部講師、同准教授を経て、2014年4月より現職。
専攻:日本近現代文学
p_saito2017
研究紹介
太宰治と織田作之助を中心に、昭和期の小説について研究しています。「無頼派」としてのイメージが強い2人の作家ですが、作品そのものをもっと丁寧に読んだり、歴史的に位置づけたりする必要があると考えています。これまでは主に、太宰の小説を、〈笑い〉を喚起するしくみに注目して読み解いてきました。近年は、作之助の小説が先行作品や同時代言説、発表媒体をどのように活かした作りをしているのかを解明することにも関心を持っています。
メッセージ
文学作品は、自室で寝転びながら読んでも楽しめます。しかし違う味わい方もあります。表現のしくみを丁寧にたどったり、典拠と比べ合わせたり、すぐれた先行研究を踏まえて読み直したり、さりげなく使われている言葉の発表当時の意味合いを調べたり、顔の見える相手と議論したりする。そのようなアプローチによって初めて見えてくる文学の魅力を、一緒に追究できればと思います。
主要業績

『新世紀 太宰治』(共編著、双文社出版、2009);『太宰治の 小説の〈笑い〉』(双文社出版、2013);「「二十世紀旗手」評釈(1)~(5)」(「太宰治研究」2013.6~2017.6);「方法としての坂田三吉―織田作之助の作品と将棋―」(「日本近代文学」2017.5)

概説・一般書
「太宰治作品ガイド100」(共著、「文藝別冊 太宰治」河出書房新社、2009);「小林秀雄「政治家」解説」(「新潮」2015.9);『テクスト分析入門』(共著、「第15章 語れないことを読む─テクスト分析の先へ─太宰治「桜桃」Ⅱ」担当、ひつじ書房、2016)

2017年 9月更新

准教授 勢田道生

せた みちお
1980年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(文学)(大阪大学、2011年)。大阪大学大学院文学研究科助教、日本学術振興会特別研究員(PD)、大阪大学大学院文学研究科特任講師(常勤)を経て、2017年10月より現職。
専攻:日本中近世文学
p_seta
研究紹介
南北朝時代の南朝に関する書物について、特に最近は、近世に成立した南朝史受容に関する書物について研究しています。南朝という存在は、近代に至るまで、歴史観や国家観のみならず、文学や思想、また地域の文化にも大きな影響を与え続けてきました。その展開の様相を、個々の文献の基礎的な調査を通じて明らかにしたいと考えています。関連する問題として、儒学者や国学者の思想、また、南朝史受容に関わる知識人の交流や書物の流通にも関心を持っています。
メッセージ
例えば100冊の書物があるとして、その中から10冊を選んで本棚に並べるとします。その選択と配列には、その人の価値観が現れるでしょう。さらに書物を加えてゆくと、本棚の秩序は変化してゆきます。では、私たちはどのような書物を選び、どのように並べればよいのでしょうか。正解は無いでしょう。が、既存の枠組みに依存せず、さまざまなことに好奇心を持って本棚を構成することは、人文学の研究において非常に重要なことだと思います。
主要業績
「『南方紀伝』・『桜雲記』の成立環境―『桜雲記』浅羽成儀作者説をめぐって―」(『国語国文』78巻11号、2009年11月);「『北畠准后伝』と神戸能房編『伊勢記』」(『語文』97輯、2011年12月);「津久井尚重『南朝編年記略』における『大日本史』受容」(『近世文藝』98号、2013年7月);「安積澹泊『大日本史賛藪』―歴史人物のキャラクター辞典―」(井上泰至・田中康二編『江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内』(笠間書院、2014年6月)
概説・一般書
「歴史の舞台 吉野を歩く 桜の名所・吉野山で南朝行宮をしのぶ」(週刊朝日百科『週刊 新発見!日本の歴史』通巻22号、朝日新聞出版、2013年12月)

2017年 10月更新

講師 山本嘉孝

やまもと よしたか
1985年、兵庫県生まれ。2008年、米国ハーバード大学学士号(Literature専攻)。2012年、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文学比較文化分野修士号。2012~2015年、日本学術振興会特別研究員(DC1)。2016年、東京大学大学院(同上)博士課程単位取得退学。
専攻:日本漢文学/日本近世文学
p_yamamoto2017
研究紹介
近世日本における漢詩文制作の方法と実態について研究しています。具体的には、室鳩巣、伊藤東涯、中村蘭林、山本北山、林鶴梁などの儒者が、漢詩・漢文の読み書きに如何なる方法と目的のもとに取り組んだのか、学問、治国、技芸など複数の方向から分析を加え、日本近世文学史、また更には日本文学・文化史の中で、漢詩文が果たした(あるいは演じた)役割を明らかにしていきたいと考えています。近世日本の漢詩文が明治期以降にどのように引き継がれ、変容を遂げたかについても関心を持っています。
メッセージ
写本・刊本を問わず、江戸時代以前から明治・大正・昭和初期にかけて作られた和装本を繙くと、中身は漢詩や漢文で記されていることが少なくありません。近世・近代日本、延いては東アジアの歴史・文化を理解するためには、日本でいかなる漢詩文が読まれ、作られたのか、との問題は避けて通れませんが、解明されていない点も多く残されています。今日ではそれほど有名ではない近世日本の儒者や漢詩人の著述をできるだけ丹念に読み解く努力を続けていきたく思います。
主要業績
“Flower Arrangement as a Masculine Art in Edo-Period Japan: A Reading of Yamamoto Hokuzan’s Preface to Kashida Hokugan’s Collection of Classical Chinese Prose and Poetry”(Windows on Comparative Literature, No. 9, pp. 87-95, 2013年4月)、「山本北山の技芸論 ― 擬古詩文批判の射程」(『近世文藝』第99号、43-58頁、2014年1月)、「中村蘭林の文章学 ― 十八世紀日本における朱子学の展開」(『日本思想史学』第47号、126-143頁、2015年9月)、「唐宋古文の幕末・明治 ― 林鶴梁の作文論を中心に」(前田雅之編『幕末・明治 ― 移行期の思想と文化(仮題)』(勉誠出版)、2016年刊行予定)など。

2016年 11月更新

大学院専門分野・コース紹介一覧に戻る