パーソナルツール

現在位置: ホーム / キャンパスライフ / 大学院生のための支援 / ティーチング・アシスタント(TA)

ティーチング・アシスタント(TA)

大阪大学では、ティーチング・アシスタント(TA)を積極的に採用しています。

TAは、授業や学習の補助業務を行う制度で、一定の給与が支給されます。

2012年度より、大学全体のガイドラインに則り、TAをSTAとJTAの2種に分けて採用しています。STAはより高次の授業補助を行うもので、授業の構想・方針の策定に関わるなど、教員に準ずる役割を担います。STAに任用するのは博士後期課程の学生で、かつJTAを経験した学生に限ります。JTAは従来のTAと同様、実務作業面を中心として授業補助業務を担います。

ティーチング・アシスタントの採用者数

TA JTA STA
2006年度 57
2007年度 58
2008年度 75
2009年度 67
2010年度 61
2011年度 73
2012年度 78 10