パーソナルツール

現在位置: ホーム / キャンパスライフ / ハラスメント相談室 / 委員会活動成果報告 / 文学研究科・文学部ハラスメント防止に関する教職員研修会 (25.11.2010)

文学研究科・文学部ハラスメント防止に関する教職員研修会 (25.11.2010)


出席者61名のうち、6名の方から以下のようなご回答をいただきました。(文言を一部修正)


□ 加藤容子さん「学生支援の観点から考えるハラスメントの予防と対策について」を聞いて参考になった点など、ご自由に感想をお書きください。


・実証、ご経験に基づくお話が多く、大変興味深く聞かせていただきました。

・学生との距離のとり方の難しさを改めて感じました。教員が利用できる専門的な学生支援の組織は阪大ではどうなっているのか、教えてほしい。

・おおよそ頭においていることを、再確認させて頂いた印象でした。メール等の時間は、PCである限り、最近はとくに気にせず送受信をしていますが、少し考えてみようと思います。

・一人一人対応が違うものだということを感じました。(ケアがものすごく重要)

・質疑の時の学生への対応が参考になりました。また適切な距離をとるということも重要に感じました。

・具体的なアドバイスが役立った。(時間を決めるなど)


□ 来年度以降の研究会について、とりあげたいテーマなど、ご自由にお書きください。

・学生のメンタルヘルス